ニュース
» 2014年11月04日 18時10分 公開

元奨励会員(プロ棋士志望者)が開発 最強将棋ソフト“電王”は「AWAKE」に決定!

「将棋電王戦FINAL」でプロ棋士と対戦する。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 11月1〜3日に開催された最強の将棋ソフトを決める「第2回将棋電王トーナメント」で、元奨励会員の巨瀬亮一さんが開発した「AWAKE(アウェイク)」が優勝し、“電王”の称号を獲得した。


画像 巨瀬亮一さん

 同大会には全25ソフトが出場。統一ハードウェアを用いて、将棋ソフトの強さを競った。予選リーグ・決勝トーナメントの模様はニコニコ生放送で視聴できる。電王をはじめ下記の上位5ソフトは、来春の「将棋電王戦FINAL」でプロ棋士と対戦する。

電 王/賞金250万円:AWAKE/アウェイク(巨瀬亮一)

第2位/賞金100万円:ponanza/ポナンザ(山本一成、下山晃)

第3位/賞金 70万円:やねうら王   (磯崎元洋/岩本慎)

第4位/賞金 50万円:Selene/セレネ  (西海枝昌彦)

第5位/賞金 30万円:Apery/エイプリー(平岡拓也、杉田歩、山本修平)


画像 決勝戦。劇的な展開に

画像 ponanzaの戦局グラフが急落

 「AWAKE」の電王戦出場は初めて。昨年は決勝トーナメントで不具合が生じた(参考)影響もあり、「やねうら王」と「習甦」に敗れ出場を逃したが、それから1年で500点ほどレーティングが上昇。コンピュータ将棋対局場「floodgate」の最新成績ではトップに躍り出ていた。決勝戦は、初代電王で過去2回プロ棋士を破ったponanzaを終盤で大逆転。凄まじい激闘となり、視聴者に衝撃を与えた。


画像 左から平岡さん、磯崎さん、巨瀬さん、山本さん、西海枝さん

 開発者の巨瀬亮一さんは15歳で奨励会(プロ棋士養成機関)に入会。その後、プログラマーとなり、来春は“将棋ソフト開発者”としてトップ棋士と対峙する。表彰式では「棋士の先生には申し訳ないが、勝負自体にはあまりこだわりがない。コンピュータを使って棋士が強くなり、プロ将棋のレベルが上がることに貢献したい」とコメントしていた。

 なお、ponanza開発者の山本一成さんは、「今大会に優勝したらクラウドファンディングで羽生名人と戦う道を模索する」とブログで告知していたが、AWAKEに敗れたことで断念することになった。

おまけ 第3位「やねうら王」の自己PR文


画像 「巨大掲示板に『開発者はプロがいないと何もできない存在だ』と書き込みがあって、それを懲らしめようと思った。現状はまだできていないので努力する」(磯崎さん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる