ニュース
» 2014年11月04日 18時10分 公開

元奨励会員(プロ棋士志望者)が開発 最強将棋ソフト“電王”は「AWAKE」に決定!

「将棋電王戦FINAL」でプロ棋士と対戦する。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 11月1〜3日に開催された最強の将棋ソフトを決める「第2回将棋電王トーナメント」で、元奨励会員の巨瀬亮一さんが開発した「AWAKE(アウェイク)」が優勝し、“電王”の称号を獲得した。


画像 巨瀬亮一さん

 同大会には全25ソフトが出場。統一ハードウェアを用いて、将棋ソフトの強さを競った。予選リーグ・決勝トーナメントの模様はニコニコ生放送で視聴できる。電王をはじめ下記の上位5ソフトは、来春の「将棋電王戦FINAL」でプロ棋士と対戦する。

電 王/賞金250万円:AWAKE/アウェイク(巨瀬亮一)

第2位/賞金100万円:ponanza/ポナンザ(山本一成、下山晃)

第3位/賞金 70万円:やねうら王   (磯崎元洋/岩本慎)

第4位/賞金 50万円:Selene/セレネ  (西海枝昌彦)

第5位/賞金 30万円:Apery/エイプリー(平岡拓也、杉田歩、山本修平)


画像 決勝戦。劇的な展開に

画像 ponanzaの戦局グラフが急落

 「AWAKE」の電王戦出場は初めて。昨年は決勝トーナメントで不具合が生じた(参考)影響もあり、「やねうら王」と「習甦」に敗れ出場を逃したが、それから1年で500点ほどレーティングが上昇。コンピュータ将棋対局場「floodgate」の最新成績ではトップに躍り出ていた。決勝戦は、初代電王で過去2回プロ棋士を破ったponanzaを終盤で大逆転。凄まじい激闘となり、視聴者に衝撃を与えた。


画像 左から平岡さん、磯崎さん、巨瀬さん、山本さん、西海枝さん

 開発者の巨瀬亮一さんは15歳で奨励会(プロ棋士養成機関)に入会。その後、プログラマーとなり、来春は“将棋ソフト開発者”としてトップ棋士と対峙する。表彰式では「棋士の先生には申し訳ないが、勝負自体にはあまりこだわりがない。コンピュータを使って棋士が強くなり、プロ将棋のレベルが上がることに貢献したい」とコメントしていた。

 なお、ponanza開発者の山本一成さんは、「今大会に優勝したらクラウドファンディングで羽生名人と戦う道を模索する」とブログで告知していたが、AWAKEに敗れたことで断念することになった。

おまけ 第3位「やねうら王」の自己PR文


画像 「巨大掲示板に『開発者はプロがいないと何もできない存在だ』と書き込みがあって、それを懲らしめようと思った。現状はまだできていないので努力する」(磯崎さん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン