ニュース
» 2014年11月06日 12時10分 公開

ピントを“撮った後”に合わせられる! ハイテクカメラ「LYTLO ILLUM」が日本上陸

革命的だ!

[ねとらぼ]

 ピントは撮った後から合わせればいい──そんな米Lytroのハイテクカメラ「LYTLO ILLUM」が日本に上陸します。加賀ハイテックが代理店となり、12月上旬から全国のカメラ専門店などで発売されます。価格はオープンで、実売は20万円前後になる見込みです。

photophoto モニターは4インチのタッチパネル液晶を採用しています

 7月に米国で発売されたこのカメラは、レンズに入る光の束を方向まで含めて丸ごと記録するライトフィールド技術により、撮影した写真のピントや被写界深度を後から変更できるのが最大の特徴です。つまり、このカメラを使えば「ありゃ、ピント合ってなかった」という写真とは、ほぼおさらば! ピントを合わせたい場所を後からクリックするだけで、たいていの場合はシャキッとピントが合うのです。

photophoto 後からピントを変更できる!

 写真の解像度は2450×1634の400万画素。レンズは35ミリ換算で30〜250ミリ相当の光学8倍ズームレンズ。被写界深度は後から変更できるため、絞りは全域でF2.0に固定されています。最高ISO感度はISO 3200です。

 大口径レンズと組み合わされたボディはなかなか大柄で、重さも940グラムと軽くありませんが、その分ホールディングの具合はよさそう。Wi-Fi機能も内蔵していて、スマホなどとも連携します。

 ライトユーザーには手を出しにくい価格帯ではありますが、ピントを後から合わせる快感はクセになりそう。米Lytroのギャラリーでは、実際に後からピントを合わせる体験も可能です。興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う