ニュース
» 2014年11月13日 12時13分 公開

2017年に間に合いそう! ロボティクス・ノーツに出てくる「介護用外骨格HUGユニット」実用化へ

装着するだけで重い物でも軽々持てるように。

[戸津弘貴,ねとらぼ]

 アニメ「Robotics;Notes(ロボティクス・ノーツ)」に登場する「介護用外骨格HUGユニット」の世界がもうすぐ現実のものになりそうです。サイバーダインおよびNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は11月12日、同社の作業支援ロボット「HAL」が、作業・介護支援用の装着型ロボットとしては世界で初めて、国際安全規格「ISO 13482」の認証を取得したと発表しました。


画像

画像

 今回認証を受けたのは「HAL作業支援用(腰タイプ)」および「HAL介護支援用(腰タイプ)」。それぞれ重いものを持ち運ぶ時や、介護で人を抱えたりするときのアシスト用で、装着することで普通は持ち上がらないようなものでも軽々持ち上げられるようになります。また腰痛を防いだり、疲労が溜まるのを軽減してくれたりするといった効果もあるとのこと。


画像

画像

 背筋部の筋電センサーがトリガーになっており、力を加えようとするとHALがこれを検知し、大腿側部のアクチュエーター(駆動装置)が自動的に起動する仕組み。発表会では重さ20キログラムの配電盤2つ(つまり合計40キログラム)を軽々と持ち上げて見せるデモンストレーションも行われました。ちなみに市販はせず、当面はリースでの提供を予定しているとのこと。



 今回の「国際安全規格ISO 13482」の策定および認定は、ロボットの実用化・産業化にとっては大きな一歩。今は健常者の作業支援用ですが、今後は足の不自由な人の歩行補助具としての認証取得も目指しているそうです。


画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声