ニュース
» 2014年11月13日 12時13分 公開

2017年に間に合いそう! ロボティクス・ノーツに出てくる「介護用外骨格HUGユニット」実用化へ

装着するだけで重い物でも軽々持てるように。

[戸津弘貴,ねとらぼ]

 アニメ「Robotics;Notes(ロボティクス・ノーツ)」に登場する「介護用外骨格HUGユニット」の世界がもうすぐ現実のものになりそうです。サイバーダインおよびNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は11月12日、同社の作業支援ロボット「HAL」が、作業・介護支援用の装着型ロボットとしては世界で初めて、国際安全規格「ISO 13482」の認証を取得したと発表しました。


画像

画像

 今回認証を受けたのは「HAL作業支援用(腰タイプ)」および「HAL介護支援用(腰タイプ)」。それぞれ重いものを持ち運ぶ時や、介護で人を抱えたりするときのアシスト用で、装着することで普通は持ち上がらないようなものでも軽々持ち上げられるようになります。また腰痛を防いだり、疲労が溜まるのを軽減してくれたりするといった効果もあるとのこと。


画像

画像

 背筋部の筋電センサーがトリガーになっており、力を加えようとするとHALがこれを検知し、大腿側部のアクチュエーター(駆動装置)が自動的に起動する仕組み。発表会では重さ20キログラムの配電盤2つ(つまり合計40キログラム)を軽々と持ち上げて見せるデモンストレーションも行われました。ちなみに市販はせず、当面はリースでの提供を予定しているとのこと。



 今回の「国際安全規格ISO 13482」の策定および認定は、ロボットの実用化・産業化にとっては大きな一歩。今は健常者の作業支援用ですが、今後は足の不自由な人の歩行補助具としての認証取得も目指しているそうです。


画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」