ニュース
» 2014年11月14日 15時03分 公開

将棋電王戦出場のやねうら王 プロ棋士の研究を無駄にしない「やねうらおもてなし定跡」を搭載

「公式戦において最後に負けたコンピューター将棋」になるかもとのこと。

[たろちん,ねとらぼ]

 来年3月から開催されるプロ棋士と将棋ソフトの団体戦「将棋電王戦FINAL」に出場する「やねうら王」が、プロ棋士の研究を無駄にしないシステム「やねうらおもてなし定跡」を搭載する予定だと自身のブログで発表しました。

画像 ブログ「やねうらお−ノーゲーム・ノーライフ」

 これまで人間側の負け越しが続いている将棋電王戦。高い計算能力を持つコンピュータソフトには真正面からぶつかるのではなく、ソフトの穴を見抜いてその力を発揮させない展開に誘導する作戦が有力だという見方が強まっています。実際これまでの数少ない勝利者である阿部光瑠五段や豊島将之七段(関連記事)は、膨大な練習を重ねることでその作戦を実現させていました。

 しかし、この「コンピュータ対策」は人間相手の将棋の研究法とはまったく異なるもの。やねうら王開発者の「やねうらお」こと磯崎元洋さんは「このようなプロ棋士側の非生産的な行為をなんとか生産的な行為に変換できないものか」と考えたそう。そこで、ソフトにプロの実戦に出てくる形を多く採用させ、事前研究のときに将棋を楽しんでもらえる「やねうらおもてなし定跡」を考案したとしています。

画像 やねうら王開発者磯崎さん。ユニークなキャラクターでニコニコ生放送などでも人気開発者の1人

 ただし、多くの定跡をランダムに採用しながら強さを維持するのは極めて難しいとのこと。現状では既にプロの間で悪手だと結論が出ている手を開始早々選んでしまう可能性も高いそうで、「公式戦において最後に負けたコンピューター将棋として将棋界の歴史に名を残してもらうことにしましょう……」と弱気な発言もしています。

 やねうら王はこれまでも「やね裏定跡」や「やねうら未来定跡」など従来の将棋ソフトにはない独自のシステムを次々に搭載して話題になっていた、将棋ソフト界の「異端児」。強豪ソフトに「おもてなし」の心が宿ったとき、人間とどんな戦いを繰り広げるのかに注目です。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」