ニュース
» 2014年11月20日 18時34分 公開

ロシア人なら当然持ってるよな! 純金製「プーチンiPhone 6」登場 お値段約45万円

なぜ作った。

[たろちん,ねとらぼ]

 ロシアの大統領としていろいろと強烈な存在感を放っているウラジミール・プーチンさんですが、本国ロシアではとうとうiPhone 6になってしまいました。

画像 Supremo Putin II

 「Supremo Putin II(最高権威プーチン)」と命名されたこのiPhone。純金製のバックパネルには、本来アップルマークがある場所にプーチンさんの横顔がデザインされており、価格もその名の通り最高クラスの17万9000ルーブル(約45万円)。ちなみにこの純金製プーチンiPhoneは「iPhone 5s」版も作られており、今回はその第2弾となります。なぜまた作った。

画像 ロシアではアップルマークもプーチンになるもよう

画像 チタン製の別バージョンもあります

 今回はチタン製の別デザイン版も制作されており、こちらは14万7000ルーブル(約37万円)。どちらもロシア国内での限定発売で、すごく愛国心を試されそうなデザインになっています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…