ニュース
» 2014年11月25日 19時45分 公開

小4なりすましサイト、民主党が関係を否定 「天才少年現る!」と紹介した“民主くん”は非公式

「民主くん(@minshu_kun)」とは一体。

[ねとらぼ]

 NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」元代表の大学生(20歳)が、小学4年生になりすまして、特設サイト「どうして解散するんですか?」を運営していた件について、民主党広報が「(同党は)一切関わっていない」と、ねとらぼ編集部の電話取材に答えた。


画像 民主くん

 同サイトは、民主党のマスコットを自称するTwitterアカウント「民主くん(@minshu_kun)」が、22日のサイト公開後に「天才少年現る!とてもいい。皆さんもぜひ!」と投稿したことから、民主党との関係を疑うユーザーも出現。

 「【悲報】天才小学生が作ったサイトが早くも民主党の工作だとバレる」というNAVERまとめが作られると一気に拡散し、バイラルメディアの「netgeek」が「【炎上】民主党が小学4年生のふりをしてアベノミクス解散に疑義を唱えるステマサイトを開設か!?」と続いた。



 その後、民主党との関わりが判明しなかったため、両サイトは「【悲報】小学4年生が作った政治系サイトが早くも小学生が作ってないとバレる #どうして解散するんですか」「【炎上】何者かが小学4年生のふりをしてアベノミクス解散に疑義を唱えるステマサイトを開設か!?」とタイトルを変更。自称「民主くん」は、騒動を受けて紹介ツイートを削除し、「作者からメンションがあり、即座に小学4年生が作れるはずはないと判断しましたが、内容には賛同できたので、そのフィクションに乗った形のコメント付きで紹介しました。民主くんのツィートで皆さんにご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と謝罪した。


画像 安倍首相のFacebook投稿(アーカイブ)

 一方で、netgeekをソースに「2ch.sc」を経由して、保守系の大手まとめサイト「保守速報」が記事を公開すると、これにリンクをした投稿に安倍晋三首相がイイネやシェアをする問題が発生している(別途記事にする予定)。

 民主党広報は、電話取材時に「同サイトには一切関わっていない」と明言。また、騒動の“燃料”となった「民主くん(@minshu_kun)」のアカウントについても、「公式のものではない」「無関係だ」とコメントした。




 同アカウントについては、2010年に産経新聞が「『民主くん』なりすまし ツイッターで“失言”連発」として非公式アカウントだと報じ、これに対し民主くんが「某新聞に民主くんなりすまし説が。どうしてマスコットキャラのツイートに大新聞が神経質になるんでしょう。先ほど広報委員会からナカノヒトに問い合わせがありました。昨年の衆院選前から藤末議員などと相談して党の関係者が開設運営しているアカウントです」などと応じる出来事があった。

 当時は、民主党広報が「党公式ではないと明記するなどの対応を考えている」と話していたこともあり、このたびあらためて対応を問うと、「現状は特に考えていない」とのこと。2014年まで黙認してきた理由については「個人等の発信を党として制限することはしない」との方針を示した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」