ニュース
» 2014年11月26日 14時39分 公開

重松清のベストセラー小説「流星ワゴン」がTBS日曜劇場でドラマ化 親子役は西島秀俊&香川照之

絶望の淵にいた会社員の目の前に現れたのは、同じ年だったころの父親。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 直木賞作家・重松清さんのベストセラー小説「流星ワゴン」が、TBSの日曜劇場シリーズでドラマ化されることが決定した。2015年1月にスタートし、放送時間は日曜午後9時〜9時54分となる(初回は拡大版)。出演は西島秀俊さん、香川照之さん、井川遥さん、吉岡秀隆さん、倍賞美津子さんなど。

画像 左から出演者の井川遥さん、西島秀俊さん、香川照之さん、吉岡秀隆さん

 原作の「流星ワゴン」は、「ナイフ」で第14回坪田譲治文学賞(1999年)、「エイジ」で第12回山本周五郎賞(1999年)、「ビタミンF」で第124回直木賞(2001年)を受賞した重松さんによる、2002年に刊行された長編小説。同年の月刊誌「本の雑誌」年間ベスト10の第1位に選ばれた、累計発行部数も100万部を突破した人気小説だ。

 ストーリーは、絶望の淵に追い込まれていた主人公が、過去をめぐる旅で自分と同じ年だったころの父と出会い、あらゆることに気づいていく人生の再生と家族愛の物語。

 主人公・永田一雄(西島秀俊)は会社ではリストラにあい、妻の美代子(井川遥)からは離婚を切り出され、息子の家庭内暴力に悩むなど悲惨な状況にいた。そんなとき突如目の前に現れた奇妙なワゴンカー。乗り込んだ一雄は過去の大切な場所をめぐりながら、妻と息子とうまくいかなかったきっかけを知る。やがて、忌み嫌っていた父親・忠雄(香川照之)の同い歳だったころと遭遇。親子でも友人でもなく「朋輩」として父と行動をともにしていくうちに、気付かなかった多くのことが見え始め――。

 西島さんはドラマに対し、「常に高みを目指す最高のスタッフと、全身全霊を込めて撮影をしている毎日です。21世紀の日本が舞台の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はどんな物語になるのか。来年1月の放送を、是非ご期待頂ければと思います」とコメントを寄せている。

 このほか出演者のコメントやキャスト・スタッフの詳細は公式サイトで公開中


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」