ニュース
» 2014年12月02日 17時09分 公開

米Amazonが最新の配送センターを公開 地球最大クラスのロボットアームが大量の商品を運ぶ

センター内で商品を運ぶロボットも1万5000体以上になったとのこと。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 Amazon.comで最新となる8世代目の配送センターの様子が動画で公開されました。倉庫内で「Kiba」ロボットが商品を運んだり、ロボットアームが大きな荷物を持ち上げたりと、そのハイテクな設備が確認できます。

画像画像 商品が詰め込まれたケースを自動で運ぶKibaロボット(左)、商品を持ち上げる地球上最大のロボットアーム「Robo‐Stow」(右)

 最新の配送センターでは、配達の効率化を図るためにあらゆる点をグレードアップしたとのこと。商品が詰め込まれたケースを梱包役へ運ぶKibaロボットは1万5000体以上に増加。地球上で最大級のロボットアーム「Robo‐Stow」も設置し、大量の在庫商品を一度に運べるようにもなりました。さらに、在庫トレーラーの中身をとらえる視覚システムの導入で、これまでは数時間かかっていた荷下ろしと受け取りをわずか30分にできるそうです。

画像画像 Kibaロボットが運ぶケースに商品を入れ(左)、運ばれてきたケースから商品を回収する様子(右)。商品を運搬する力作業はロボットに任せ、注文書にしたがって商品を選ぶといった細かな作業は従業員が行っているようだ

 同社のデイブ・クラーク副社長はこの配送センターについて、「Amazonの配送チームは顧客のために、配達の高速化、地域選択の強化、コストの低下を目指して配送センターの革新に専念しています。最新の配送センターの進歩は、従業員に最適な労働環境を与えながらもこれら3つを実現します」と話しています。

 また同社は、去年より14パーセント増となる8万人の季節労働者を雇用すると発表。この中から数千人が正規雇用者や通年雇用者になると見込んでいます。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン