ニュース
» 2014年12月06日 17時00分 公開

メカ萌えにはたまらない! ミッドモダンの計算機をスケスケにしてみたら

メカメカしくてレトロでステキ!

[海原ゆりえ,ねとらぼ]

 レトロモダンな20世紀中ごろの計算機。そのカバーを取り外して、メカメカな中身を撮影している人がいます。サン・フランシスコの写真家、ケビン・トゥミーさんです。

赤いボディがステキな計算機。「Brunsviga」という名前
Brunsvigaの中身。手回し式なのでハンドルが付いています

 トゥミーさんによると、はじめは、初期のそろばんのような計算機と現代の計算機を比較して撮影しようとしていたのですが、ビジュアルの面白さという点で、ミッドモダン(20世紀中ごろ)の計算機にたどり着いたのだとか。しかも、ミッドモダンの計算機を集めているコレクターの方に計算機のカバーを取って、中身を見せてもらったところ、その美しさに「撮るべきものはこれだ!」と思ったそうです。

ミッドモダンの美しいデザイン
中身まで美しく
メカメカ〜

 「昔の計算機のローテクに動く様子は、人体が動くメカニズムに近いものがあるよね。各パーツが動作して、仕事がやりとげられる。今の計算機は電子的に動くのだけども」とトゥミーさん。

こちらは“百万長者”の意味を持つ「Millionaire」という名前の計算機の内部
たくさんのボタンが特徴的な「Cellatron」
Cellatronの内部を横からのぞいたところ
「Diehl Transmatic」
Diehl Transmaticのカバーを取ったところ。どわ〜。メカメカ盛りだくさん〜!

 ローテクメカが好きな人にとっては、たまらないですね。ケビン・トゥミーさんのWebサイトでは、さらにたくさんの写真が見られます。

(c)Kevin Twomey 2014

ケビン・トゥミーさんプロフィール&コメント

ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。1992年ニューヨーク州立大美術学士取得。1998年サン・フランシスコに移り、フォトスタジオをオープン。静物を中心に商業写真を撮影。「スタジオのあるビルの家主さんは、古いVincentのバイクのコレクターなんだ。オフの日は、彼のコレクションからこまごまとしたメカものを撮影している。僕は古いもの、捨てられたもの、ありふれたものの美しさを追求しているよ」


海原ゆりえ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む