ニュース
» 2014年12月09日 15時33分 公開

「おいでよ献血(公式)」Twitterアカウントが狂気に満ちていると話題に もちろん厚生労働省も日本赤十字社も無関係 ※追記あり

「けんけつちゃん」の公式アカウントではないので要注意。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 「おいでよ献血(公式)」と称するTwitterアカウントが12月5日に登場、ツイートが狂気に満ちていると話題になっています。「(公式)」と付いていますが、もちろん厚生労働省や日本赤十字社とは無関係のアカウントです。


画像

 「おいでよ献血(公式)」アカウントは、主に献血を求めるツイートをしています。しかし不謹慎・差別的な表現が多く見られ、批判も寄せられています。アイコン画像が厚生労働省の献血マスコットキャラクター「けんけつちゃん」であること、「(公式)」の文字などから、厚生労働省や日本赤十字社が公式に使用しているアカウントであると誤解した人もいます。

 念のため、厚生労働省の医薬食品局血液対策課献血推進係に問い合わせてみました。担当者によると、やはり当該アカウントと厚生労働省とは全くの無関係。また、「けんけつちゃん」や献血に関する広報用SNSアカウントを運用することは現在は考えておらず、厚生労働省の公式Twitterアカウントでお知らせをしていく予定とのことです。

 「なりすまし」と言いたいところですが、当該アカウントはあくまでもアイコンを「けんけつちゃん」にしているだけで、赤十字や厚生労働省と関係があるとは発言していません。また、プロフィール欄にも「源氏名けんけつちゃん」とあります。


画像 「おいでよ献血(公式)」アイコン

 担当者によると、「おいでよ献血」という企画やキャッチフレーズを公式に使用したことはないそうです。いったい「(公式)」とはなんの公式なのか、謎に包まれています。


追記

 その後「おいでよ献血(公式)」アカウントは「おいでよ献血」とアカウント名を変更し、プロフィール欄に「当アカウントは、厚生労働省 日本赤十字社等とは一切関係ありません」と追加しています。


追記2

 再度アカウント名が変更されて「おいでよ献血(公式)」に。ツイートでも「当アカウントは、『おいでよ献血』の公式アカウントであり、厚生労働省 日本赤十字社等とは一切関係ありません」と釈明していますが、アイコンやTOPの写真には引き続き、厚生労働省の「けんけつちゃん」の画像を使用しており、かなりグレーな「なりすまし」アカウントと言えそうです。


画像

追記3

 アカウントが消えたようです。


※埋め込みツイートも消えてしまったため一部画像に差し替えました


青柳美帆子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10