ニュース
» 2014年12月11日 17時00分 公開

世界の萌え化が止まらない…… アメリカ版「ふしぎの国のアリス」があまりにもかわいすぎてネット騒然

やっと世界が追いついてきた。

[たまごまご,ねとらぼ]

 ネット上で、アメリカで出版された「ふしぎの国のアリス」の挿絵がかわいすぎると評判です。アメリカのアリスといえばディズニー版をイメージしますが、話題になっているアリスは日本アニメ風テイスト。


画像 えっ、これ日本のじゃないの!?

 どうしてもアメリカの「CUTE」は、日本アニメの「KAWAII」とギャップがあると思われがちなため、このアリスは衝撃的。挿絵も日本のマンガタッチで、ネットでは「これ日本人が描いたんでしょ?」「本当にアメリカなのこれ?」との声も。

 イラストを手がけているのはKriss Sisonさん。フィリピン人で、これまでも数多くのペーパーバックで、日本アニメタッチのイラストを手がけています。また、日本のソーシャルゲーム「ギャングロード 不良道」にも、多くのイラストを提供しています。


画像 アメイジングエージェント・ジェニファーシリーズ。こんなん見たら表紙買いしますわ

 Krissさんは日本のアニメ文化に非常に詳しいようで、数多くの日本のアニメ・マンガ・ボーカロイドイラストをネットにアップしています。どれもこれも非常に日本的でかわいい。これを起用してアリスに合わせたアメリカの出版社は大胆ですね。

 もっとイラストが見たい人は作者のpixiv過去イラストページを見るといいでしょう。


画像 初音ミクやGUMI、シュタインズゲート、けいおん!、CCさくらなんかも描いています(「Kriss Sison」で画像検索した結果

 日本で発売されたのは2014年8月19日です。しかし話題になってから、一気に買う人が増え、現在ではAmazon.co.jpのペーパーバック売上1位になっています。「Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass」はさまざまなバージョンがあるので、Kriss Sison版アリスが欲しい人は買う際にはご注意ください。


画像 堂々の1位。現在2〜4週間待ちです


たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた