ニュース
» 2014年12月14日 10時00分 公開

「イルミネーションアワード」1位! ナガシマリゾート・なばなの里「冬華の競演」がすごい

LEDを使った「ナイアガラの滝」がきれい。

[海原ゆりえ,ねとらぼ]

 クリスマスシーズンの目玉と言えば、街を飾るイルミネーションです。冬の澄み切った空気の夜に、きらきらと輝くのは幻想的で、実に美しいですよね。そんなイルミネーションが、日本一すごいところでは、いったいどんな風にすごいのか、見てみたいと思いませんか?

 それが、2014年に夜景観光コンベンション・ビューローで開催された「第2回イルミネーションアワード」で、全国4300人の夜景観賞士がランキング1位に選んだ、ナガシマリゾート・なばなの里(三重県桑名市)「冬華の競演」です。今年で11回目となり、これまでにもネットで話題になっています。

圧倒的な光が印象的な「ナイアガラの滝」

 今年新設されたのが「ナイアガラの滝」というエリア。高さ20メートル、幅120メートルという圧倒的な規模のイルミネーションが見どころです。最新のLED技術を利用しており、「日の出」「夜」「花火」などのテーマにそって、刻々と姿を変えます。

刻々と姿を変える「ナイアガラの滝」

 また、中を通れるようにしてある「光のトンネル」も素晴らしいです。この「光のトンネル」は「冬華の競演」を一躍有名にした立役者だそうです。

幻想的な「光のトンネル」
「光のトンネル」に近寄って見ましょう
さらに寄ってみましょう。かわいらしいお花の電飾が
星のようなオーナメントも

 「光のトンネル」を応用した「お花畑」も、今年お目見えしました。これはお花をテーマにしたイルミネーションで、黄色っぽい光の「菜の花」とピンクの光の「れんげ」が交互に色変わりして楽しめます。

「お花畑」。菜の花
「お花畑」。れんげ

 ほかにも、さまざまなテーマにそったイルミネーションやガーデンがあります。

光の雲海エリア

 園内には結婚式を挙げることのできるチャペルもあり、チャペル前の池には、木曽の3つの川をイメージした、水上イルミネーションがあります。

優雅に流れる光の川は、木曽川、揖斐川、長良川をイメージ

 「冬華の競演」は2015年3月31日まで開催。入場料は2100円(1000円分金券付き)となっています。

ステキな夜をお過ごしください

なばなの里 ウインターイルミネーション「冬華の競演」

開催期間:2014年10月25日〜2015年3月31日

点灯時間:午後5時ごろ(日没時間等により変動)


海原ゆりえ

初掲載時、「ナイトウェディングもいいですよね」と記述していましたがないとウェディングは実施していないため削除しました。おわびして訂正いたします。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10