ニュース
» 2014年12月15日 11時56分 公開

「壁ズボ」「壁ギュー」「蝉ドン」――さらなる次元へと進化した「壁ドン」がもはや人類の壁を突破

描いたのは「それを、こう。」シリーズで人気の大野そらさん。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 壁をドンするどころか腕をめり込ませる――ネクストステップに到達した「壁ドン」をイラストで紹介する書籍「壁を、ドン。」が一迅社から12月24日に発売されます。作者は、リア充がいきなり暴走するイラスト集「それを、こう。」で知られる大野そらさんです(参考記事)。

画像 こちらが高次元の壁ドンの1つ、「壁ズボ」

画像画像 装丁では旧来の壁ドンが描かれたカバーを外すと、本体表紙にネクスト壁ドンが現われます

 「壁を、ドン。」は、次のレベルに達した壁ドン18種類を大野さんのイラストと解説文で紹介していく一冊。普通の壁ドンでは満足できず「もっとドキドキしたいあなたのため」というコンセプトになっています。

画像 今までの壁ドン

画像 こちらが進化した「壁ギュー」。妖怪かな?

画像 一見事故らしき「股ドン」

画像 最高難易度の「蝉ドン」。確かにこれはドキドキする

 ラインアップは、手足を壁に埋めることで相手へ限りなく接近できる「壁ズボ」や、体を壁に埋め込んでもらって残した手足で相手を抱きしめる「壁ギュー」など、いずれも別次元の壁ドンばかりです。難易度もそれぞれ星の数で表示。最大の星5つである「蝉ドン」となると、腕を高速で動かすことで浮遊しながら彼女を壁際に追い込むものとなっています――壁をドンするってなんだっけ?


 サイズはA5判で、価格は924円(税別)。発売日の24日は大野さんのサイン会もブックファースト新宿店(東京都新宿区)で開催されます。イベント参加の予約は同店Cゾーンレジカウンターや電話で受付中です。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」