ニュース
» 2014年12月15日 19時05分 公開

干支なんでヒツジたちで「未」文字つくります マザー牧場が年末年始にヒツジづくし

メェメェでもふもふな未文字。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ヒツジで作った「未」の字が拝める――2015年が未年なのにちなんで、年末年始に千葉県富津市の牧場「マザー牧場」が場内のヒツジを使った企画をいろいろ実施します。2015年2月1日まで開催中の冬期イベント「ウィンターフェスタ」の一環です。

画像 この「未」の字は癒やされる

 同牧場では7・8月を除いて通年、約150匹のヒツジを行進させる動物イベント「ひつじの大行進」を行っていますが、1月1〜5日はこちらのヒツジに牧草地で「未」の文字を描かせる「ひつじの大行進〜羊文字編〜」を実施。開始は午前12時30分からです(※雨天中止)。

 また12月31日まで(27日は除く)、今年と来年の干支である馬・ヒツジと一緒に記念撮影できる「干支引き継ぎ写真館」も開催しています。両方を飼育する牧場ならではの取り組みで、撮った写真は年賀状のデザインに使えそう。イベント時間は平日が午後2時15分から、土日祝が午前10時45分からと午後2時15分からの、各回約30分となっています。

 ほかにも12月30日から1月5日まで子ヒツジが競走する「メェーメェーひつじダービー」や、未年生まれの人はバンジージャンプが500円引きで「ひつじの着ぐるみ」を着て体験できる「ひつじ年バンジー」なども、いろんなヒツジイベントを実施。詳細は公式サイトで公開中です。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.