ニュース
» 2014年12月17日 11時55分 公開

ドラえもん映画を「恐竜」から「新・大魔境」まで全作劇場上映する「ドラえもん映画祭2015」開催

ドラえもん映画の35周年を記念したビッグイベント。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2015年3月7日公開の「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」をもって、ドラえもんの映画シリーズが35周年を迎えます。その節目を記念し、これまで公開されてきた“ドラえもん映画”すべてを上映する「ドラえもん映画祭2015」が、2015年1月31日から3月6日まで神保町シアター(東京都千代田区)で開催されます。

画像 観たことない作品も、劇場でもう一度観たい作品も、ドラえもん映画がぜーんぶスクリーンで楽しめる!

 上映するのは、1980年に公開されたシリーズ第1作「のび太の恐竜」から昨年公開の第34作「新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜」までに、1981年の併映作品「ぼく、桃太郎のなんなのさ」を加えた全35作品。これらを35日間に渡って、1日4〜5本ペースで上映していきます。チケットなど、詳細情報は神保町シアター公式サイトで随時更新していく予定です。

画像 上映スケジュール

 映画祭について映画プロデューサーのコメントは次の通り。「今回、映画シリーズ35周年という記念すべき年にこのような企画が実現でき、うれしく思います。見ていない作品はもちろん、見たことのある作品にもきっと新たな発見があるはずです。スクリーンの中で大冒険を繰り広げるドラえもんたちをもう一度劇場でお楽しみください!」


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた