ニュース
» 2014年12月20日 10時00分 公開

ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」を並べる「大ニセモノ博覧会」 国立歴史民俗博物館が開催

贋作や複製物など「ニセモノ」が人々の暮らしでどのような役割を果たしてきたのかに迫る。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」「ホンモノ」を約300点展示する企画「大ニセモノ博覧会 −贋造と模倣の文化史−」を、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が2015年3月10日から5月6日まで開催します。

画像 雪舟の書画に人魚のミイラなど、いろんなニセモノがずらり

 本展は展示物を通して、「ニセモノ」「ホンモノ」が人々の暮らしの中でどのような役割をしてきたのか紹介するもの。「ニセモノ」に焦点を当て、民俗学、考古学、人類学などの分野を飛び越えて解説した特別展はあまり類をみないそうです。

 展示は、山口県・兵庫県播州・千葉県3家から雪舟、吉田松陰などの収蔵品を取り上げて「ニセモノ」の地域性に迫ったり、幕末から明治時代にかけて日本から欧米へ輸出されていた「人魚のミイラ」の謎を解き明かしたりとさまざま。また始祖鳥の複製などジュラ紀から現代までに渡って「ニセモノ」の数々を一挙公開する一方で、織田信長が東大寺へ宛てた「ホンモノ」の文書も披露します。

 開館時間は午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)、休館日は月曜日(休日の場合は翌日が休館日)。入場料は一般が830円。展示物の一覧は公式サイトで公開中です。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた