ニュース
» 2014年12月24日 19時00分 公開

「スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ」はウソ記事 ネタにマジレスする「ロシアの声」に要注意!

真に受けないように。

[ねとらぼ]

 「スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ」――ロシア国営ラジオ局の日本語版サイト「ロシアの声」が12月22日に発信した“怪情報”が注目を集めていました。記事内には「巨人族がかつて存在したことを認めると、現代の歴史学は根幹を破壊され、ほぼ絶滅されてしまう」などとあるのですが、もちろんこれは全くのデタラメです。


画像 問題のサイト

 そもそも、「ロシアの声」が同記事の情報源としているのは、「World News Daily Report」というサイトの12月3日付の記事。しかし、「World News Daily Report」とは、いわゆる「虚構新聞」のような“嘘ニュースサイト”で、サイト内にも「不完全な情報を含む」「風刺・フィクション」と明記されています。


画像 「World News Daily Report」の免責事項

 つまり、「スミソニアン博物館の巨人云々」は単なるジョーク記事なのですが、「ロシアの声」がこれを他ニュースと同様に翻訳・配信したことから、Facebookなどを中心に真に受ける人が少なからず現れています。一方、2ちゃんねる(ニュース速報+)や、そのまとめサイトでは、「安定のロシアの声」「ソースがアレすぎる」「これって『民明書房』くらいの信頼度?」など、訝(いぶか)しがるスタンスが目立っていました。

 なお、「ロシアの声」は過去にも嘘ニュースサイトを元に、「カムチャッカ半島で4億年前の機械装置が見つかる」「怒り狂うシャチが日本人16人を食い殺す」「磁気嵐で地球が闇に没する」といったデマを拡散しています。また、運営は国営ラジオ局の日本語課とのことですが、トップページの下部には「サイト作成:有限株式会社 『Stek』」との表記があります。有限株式会社とは一体……。

 今月上旬に、同サイトは「ユーザーの反応を確認する限り、自分たちは信頼できる情報源であるようだ」と、自己評価していましたが、かなり甘い認識ではないかと思われます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」