ニュース
» 2015年01月03日 10時00分 公開

陰陽道でレッツ夫婦円満! 人気マンガ「双星の陰陽師」から学ぶ理想の夫婦生活【PR】

2015年の夫婦生活についてお悩み中のあなたも、この陰陽師夫婦を見習えば大丈夫、のはず……。

[ねとらぼ]

 新年です。年末年始休みを夫婦でゆっくり過ごした人の中には、普段は気付かないパートナーのイヤなところを見つけて衝突してしまった人もいるのでは。

 何を隠そう、夫婦円満のカギといえば陰陽道です。リテラシーの高い夫婦のみなさんはすでに陰陽を生活のあちこちに取り入れていることと思いますが、ここはひとつ、まもなく単行本第4巻が発売されるマンガ「双星の陰陽師」の主役“14歳の陰陽師夫婦”から、理想の夫婦像を学んでみましょう。


画像 「双星の陰陽師」1巻表紙――並んでいるのが14歳の陰陽師夫婦・閻魔堂ろくろ(左)と化野紅緒(右)

画像画像 2人は陰陽師の力を駆使し、ケガレという化け物を退治していきます

 「双星の陰陽師」(助野嘉昭)は、まだ14歳の陰陽師夫婦、ろくろと紅緒(べにお)が、バケモノと戦いながら1つ屋根の下で暮らすという夫婦陰陽バトルマンガ。水と油のような性格で当初は嫌い合っていた2人ですが、ある日陰陽師界で一番エライ人から、最強の陰陽師を生む“双星の陰陽師”であるとのお告げを受け、強制的に1つ屋根の下での結婚生活を強いられてしまうのでした。


画像画像 初めて出会った直後のお互いの感想

画像 ところがどっこい、夫婦に

画像 お告げにビジュアル崩壊する2名

 しかし、最初はうまく行かなかった2人ですが、話が進むにつれてなんだかんだでイイ感じに。これはやはりありがたい陰陽の力が背後で作用しているとみて間違いないでしょう。

 ということで、作中からドジ妻新妻としての務めを果たす紅緒のシーンを5つほど抜粋してみました。パートナーのあるべき姿にお悩みの方は参考にどうぞ。


画像 こんな調子だけど、家庭生活の方はいかに――


その1:相方のどんな疲れもこいつで吹きとばせ

 パートナーが手料理を作ってくれるだけでもありがたいですが、体に気遣ったメニューだとなおさらうれしいものです。陰陽師夫婦の新婚生活初日では、台所からさっそく不思議な匂いが家中に立ち込めます。ろくろが様子をのぞいてみると、妻が「紅緒スペシャル」という名の健康ドリンクを作っていました。


画像画像 飲み物にしてはやたらと煮立っている「紅緒スペシャル」

画像 2人で仲良く飲んだ結果

 ろくろが飲んでみた結果、「ぎぃぃぃぃぇぇぇぇぇっ!!!」と大声をあげたり床の上を転げまわったりと、たちまち元気な姿を披露! これなら夫がどんなに疲れていてもすぐ活発化できそうですね、妻ノ鏡デス。お味の方は苦さ・辛さ・臭さに、ほんのり甘さがあるとのこと。いろんな意味でレシピが気になるので、クックパッドへの投稿お待ちしてまーす!



その2:仕事道具が散らかったリビング 収納スペースが無いときは!?

 収納の少ない家では、くつろぎスペースであるはずのリビングに物が散らかってしまいがち。ろくろ・紅緒宅でも陰陽師の道具(すべて紅緒の私物)がぐちゃりと床を埋め尽くしてしまいます。そこで紅緒は「いっそ道具を装飾品として飾る」という匠らしきビフォーアフターなアイディアで整理整頓することに。


画像 陰陽師の道具で散らかっていたリビングも

画像 この通り整然とした姿へ。狩りに出かけたくなる

 するとなんてことでしょう――ソファーや壁一面には剣や斧がきれいに並ぶなど、匠の手によってリビングは武器屋きれいなお部屋に生まれ変わりました。相方がこんなに片付け上手なら大助かりです。くつろげるかどうかはさて置き、陰陽師の仕事はしやすい(確信)。



その3:どうしても手料理がうまく作れないときは

 いくら手料理がうれしいとはいえ、料理下手な人がパートナーを味で喜ばせるには苦労がいります。実は料理が苦手で健康ドリンクしか作れなかった紅緒は、生まれて初めてちゃんとした食事を用意することに。そこで彼女がとった手段は、シンプルにも「量をこなすこと」でした。


画像 なんとかまともな朝ごはんを作った紅緒。その代償は――

画像 おっふ

 朝食を1食分こしらえるために生み出したのは、文字通り“山程”の失敗作。魚は1匹焼きあげるのに対し、目算だけでも100匹以上は消費しています。こうなったら味がどうであれ、健気な姿勢に相手も心打たれるはず。ろくろはその愛に応えて全部食べきった結果、翌日は腹痛で学校休みになりました。南無。



その4:相手のベッドで刺激的な夜も……!

 夫婦たるものマンネリ化は禁物。夜にパートナーへどんな刺激を与えるかも大事になってきます。なんと紅緒も14歳にも関わらず、ろくろの寝室へ入りこみ、ちゃんと旦那をドキドキさせることに成功。その方法はというと……


画像

 そう、般若心経です。寝ぼけながらベッドの上にのっかり、寝言代わりに読経を始める妻に、ろくろもいろんな意味で心拍数MAX! 相手の呪術防御性も高められそうなので、すべて暗記して夜の攻め方のレパートリーに加えてみてはどうでしょう。ちなみに心経の文字数は、広辞苑によると262字でした。



その5:パートナーに疑惑が浮上! そのときあなたがとる行動は?

 なんだかんだで仲の良い若き陰陽師夫婦でしたが、とうとう大きな事件が。紅緒にとって、ろくろは身内の仇ではないかという疑惑が発覚します。結婚とはいえ相手のすべてを知るわけではないのが夫婦生活で、信頼を揺らがせる事実が浮上してくることもあるはず。紅緒は旦那に対しどう行動するのでしょう。


画像

画像

 とはいえ短い間に彼のいろんな温かな人間性に触れた紅緒。よりつらい事実が待っていようが「真実を知らねば 彼をかばうことも責めることもできない」と、彼の師匠からろくろの過去すべてを知る覚悟を決めます。疑いが生まれてもパートナーを見捨てずしっかり対峙する姿勢には、つい信頼を寄せたくなります。こうして互いに苦難へ立ち向かっていくことで、夫婦の絆は固く結ばれていくのかもしれません。



まだまだあるある 14歳陰陽師夫婦の営み

 以上、嫁にスポットを当てた陰陽師夫婦の生活でした。14歳がゆえの未熟さや陰陽師ならではの特殊性もありましたが、夫婦としてお手本にしたくなるものだらけですね(※効果についてねとらぼ編集部は一切の責任を負いかねます)。


画像画像 共闘していくうちに信頼関係を築いていく、ろくろ&紅緒夫婦

 1月5日発売のコミックス4巻ではいよいよ2人が正式に“双星の陰陽師”として最悪の敵へ立ち向かうので、夫婦で試練を乗り越える姿をその目に焼き付けましょう。あ、あと陰陽師のお頭さま。私にも紅緒みたいなかわいい子と結ばれるご神託、ぜひお授けください(土下座)。


画像画像 帰りが遅い妻を心配して、ケガレのいる世界にまでわざわざ夫が助けに来る場面も

画像 なんだかんだでうらやましい2人なのでした

(C)助野嘉昭/集英社


提供:株式会社集英社

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2015年1月18日



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」