ニュース
» 2015年01月05日 20時53分 公開

あの異色ゲーム「シーマン」の新作がスマホとPCで登場? 海外スタジオがTwitter上でライセンス取得に意欲

またあの変な人面魚と話せるかも。

[たろちん,ねとらぼ]

 1997年にドリームキャストで発売され、妙にふてぶてしい人面魚と会話をするという斬新なゲーム性が話題になった育成ゲーム「シーマン〜禁断のペット〜」。その新作がもしかしたらスマホやPCでプレイできるかもしれません。海外のゲームパブリッシャー「Devolver Digital」のCFO、Fork Parkerさんが自身のTwitter上で新作制作に強い意欲があることを発表しています。

画像 「シーマン〜禁断のペット〜」

 Parkerさんは自身のTwitterからSEGAに向けてシーマン新作を作るためのライセンスが欲しいという意志を表明。さらにシーマンの開発者であり声の担当者でもある斎藤由多加さんに直接リプライを送り、もし作るとすれば「スマホとPC向けに作ることになるかも」と具体的なやりとりも行っています。


 本当に実現するかどうか今後の展開に注目が集まるところ。音声認識を使ってスマホを操作することも当たり前になりつつある現代において、シーマンは最適なタイトルなのではないかとユーザーの間でも期待が高まっています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」