ニュース
» 2015年01月07日 12時20分 公開

「漫画家目指してなくて全然OK」──漫画家・太田垣康男さんがアシさんでなく「社員」を募集 月給16万円から

「長く安定して勤めたいと思っている方大歓迎」とのこと。

[ねとらぼ]

 小学館のビックコミックスペリオールで「機動戦士ガンダム サンダーボルト」を連載中の漫画家・太田垣康男さんが代表を務めるスタジオ・トアが、作画作業を行う「社員」を募集しています。募集にあたり太田垣さんは、「漫画もアニメの制作会社のようなシステム化を図るべき」と持論を語り、ネットで注目を集めています。

photo 太田垣さんのTwitterでの発言がTogetterにまとめられています

 “漫画家志望者の修行の場”といったイメージが強いアシスタント。今回スタッフを募集している太田垣さん自身も、アシスタントを経て漫画家になったそうですが、「私が弟子入りしたのはもう28年も前。その時代と今では漫画界の状況が違います」と語ります。

photo 小学館が運営するサイト「コミスン」には、太田垣さんの制作現場の取材記事が掲載されています

 太田垣さんによれば、作画の技術レベルが高まった昨今の漫画業界では「クオリティの高い作品を安定供給するにはスタジオ機能の充実が不可欠」。しかし、漫画家志望者は「自分の成長が第一で会社の方針より自身の夢(身勝手)を優先する人が圧倒的に多い」ため、スタッフが定着しません。その結果、「練度の低いアシスタントを活用する事に漫画家は苦慮し、結果、エッセイ漫画や身近な街景トレスの現代劇ばかりの作品が増え、漫画本来の自由さが失われがち」だと言います。

 そこで太田垣さんは今回、スタッフを法人化したスタジオの社員として迎え入れることにしました。募集では「絵を描いて生活していきたいがフリーランスは怖い、長く安定して勤めたいと思っている方大歓迎」で、漫画家志望者は不問としています。

 太田垣さんの考えにネットでは「これも1つの手」「『漫画に関係して食べていく』っていう選択肢を広げるという意味では全然アリ」といった反響が。日本の漫画界でもアシスタントを専門の仕事とするプロアシスタントの存在は知られていますし、漫画の作画補佐をプロフェッショナルな職業として選ぶのも、絵に関わりながら生きていく1つの方法かもしれません。

 一方で、給料面や安定性を気にする声も挙がっていました。募集要項には「基本給:月16万円〜」と案内がありますが、プロフェッショナルな技能を習得したとしてどの程度の昇給が見込めるのか、仕事の将来性はあるのかといった点は、「入社」感覚で仕事を選ぶ人には気になるところでしょう。

Twitterユーザーの反応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  3. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  7. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  8. /nl/articles/2201/23/news013.jpg 【漫画】「パニック発作でバスに乗れない」とタクシードライバーに打ち明けたら…… 優しく愛あふれる言葉に涙した話
  9. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」
  10. /nl/articles/2001/14/news135.jpg つるの剛士ショック! 保育士免許取得に向けて勉強を始めるも受験資格満たせず 「受験資格をみて愕然…」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」