ニュース
» 2015年01月07日 15時43分 公開

コートのファスナーを閉められないサッカー監督、改良したコートでもやっぱり閉められなかったとたちまちネタにされる

諦めの早さに定評のあるベンゲル監督。

[たろちん,ねとらぼ]

 サッカープレミアリーグ・アーセナルの名将として知られるアーセン・ベンゲル監督。かつては名古屋グランパスを率いたこともあり日本でも馴染みの深い監督ですが、実はある致命的な弱点を持っており、サッカーファンの間では「ネタキャラ」としての顔も持っています。

画像 ベンゲル監督の衣装に注目

 ベンゲル監督の弱点とはコートの「ファスナー」。寒いイギリスでの試合中、ふとコートのファスナーを閉めようとしたベンゲル監督がなかなか閉まらないファスナーと悪戦苦闘する姿がたびたび目撃されており、その厳しい表情とのギャップがコミカルなことからファンの間では「ベンゲル最大の敵はファスナー」などと話題になっていました。

動画が取得できませんでした
ついにPUMAを動かしたベンゲル監督
画像 PUMA「監督でも閉められるファスナーできたよー」

 メディアもベンゲル監督とファスナーの動向には注目しており、今シーズンからNIKEに変わってアーセナルのスポンサーとなったPUMAは、「ベンゲル監督でも閉められるファスナーを作った」とわざわざ広告動画を作成するほど。動画ではベンゲル監督本人が出演してスムーズにファスナーを上げており、ファスナー問題は解決したかに見えました。ところが……。

 4日に行われたFAカップ3回戦、アーセナル対ハル戦の試合中、一部のファン(とPUMA開発陣)を揺るがす映像が映し出されてしまいました。そこには改良されたファスナーを上げようともぞもぞした結果、あっさりと諦めてしまうベンゲル監督の姿が。これを見たイギリスメディアは「ベンゲル監督、因縁の敵ファスナーに再び敗れる」などと大喜びで報道しました。お前らサッカー見ないで監督ばっかり見てるだろ! いい加減にしろ!


 ファンの間ですっかり定番化してしまったベンゲル監督のファスナー問題。監督としての手腕だけでなく、文字通りの手元にもますます注目が集まっていきそうです。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響