抹茶ビールに抹茶のポテトサラダ! あれもこれもお茶尽くしのレストランでお茶を食べてきた

お茶は食べ物。

» 2015年01月09日 09時00分 公開
[朝井麻由美,ねとらぼ]

 調味料もお茶、ドレッシングもお茶、アイスもお茶、あれもお茶、これもお茶――メニューの何もかもにお茶が使われている“お茶レストラン”に行ってきた。正式名称は「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」。立地は東京の御茶ノ水と、これまたお茶っぽい場所だ。

 朝食タイム(午前6時30分〜)、ランチタイム(午前11時〜)、カフェタイム(午後2時〜)、ディナータイム(午後5時〜)があり、カフェタイムでは、専属スタッフ「茶バリエ」が、茶葉に合わせて適切な温度管理や抽出時間でお茶をいれてくれる。

店内にはさまざまな湯飲みが並べられているコーナーも

 そして、ディナータイムの、そこかしこにお茶の主張が見え隠れするメニューは必見! 中でも特に気になるものを食べてみた。

「抹茶ぽてとサラダ」(560円)

 まず最初に出てきたのは、緑色の何かがこんもり盛られたナニカ。これはお茶が練り込まれた「抹茶ぽてとサラダ」(560円)だ。食べてみるとれっきとしたポテトサラダだと分かる。口に入れた瞬間は、お茶っぽさはないが、後味がほんのりと抹茶風味。

 それぞれの料理でのこだわりポイントを聞いてみると、“お茶を混ぜるバランス”だとのこと。料理にお茶を入れすぎると、お茶の葉がノドに残り、後味に違和感が出るのだそう。どのメニューも、口の中でお茶っぽさを感じつつも、ちゃんとした料理として食べられるよう、計算して作られている。

「山形和牛サーロインと野菜の玉葱釜焼き」(980円)

 こちらは、抹茶味噌(みそ)のかかっている牛肉の料理。お味噌の甘みの中に、時折抹茶の苦味を感じる。

 この店ならではの調味料は、味噌のほかには「茶油」。茶葉を油に約2か月間浸けて作っている。あらゆる調味料とお茶を組み合わせて試した結果、最も相性が良かったのは油や味噌。しょうゆなどだと、しょうゆの味が強すぎて、お茶の味がかき消されてしまったのだそう。

「ほうじ茶で7日間寝かせたベーコン八方煮」(680円)

 一見してお茶料理だと分からないのが、「ほうじ茶で7日間寝かせたベーコン八方煮」(680円)だ。普通のお肉に見えるが、一口食べると、ほうじ茶の深い香りが口の中に広がる。

「1899 抹茶ビール」(720円)

 ここに来たら味わいたいのは、料理だけではない。「1899 抹茶ビール」(720円)もぜひとも試したい逸品だ。こちらは、ビールと抹茶と水を混ぜて作っているオリジナルのビールカクテル。味はほとんど普通のビールに近いものの、飲む瞬間にお茶の香りがふんわり広がる。

茶香炉
デザートには「ほうじ茶アイス」(450円)がオススメ

 さらに、極め付けは茶香炉。料理から漂うお茶の香りだけでなく、香炉でお茶の香りをたくこともできるのだ。

 こうして、和牛サーロインに、ビールに、いかにも脂肪をたくわえそうなものをたらふく飲み食いしたわけだが、練り込まれているお茶の効果で不思議と体にいいものを摂取した気持ちになったのだった。どう見ても気持ちの問題とはいえ、お茶は偉大である。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo):フリーライター・編集者・コラムニスト。ジャンルは、女子カルチャー/サブカルチャーなど。ROLa、日刊サイゾー、マイナビ、COLOR、ぐるなび、等コラム連載多数。一風変わったスポットに潜入&体験する体当たり取材が得意。近著に「ひとりっ子の頭ん中」(KADOKAWA中経出版)。構成書籍に「女子校ルール」(中経出版)。ゲーム音楽と人狼とコスプレが好き。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」