ニュース
» 2015年01月11日 14時19分 公開

一度聞いたら頭から離れない? “ラッスンゴレライ”って、いったいどういう意味なの

謎の中毒性……!!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 最近、話題になっている“ラッスンゴレライ”という言葉。聞いたことはあるけど、意味がさっぱり分からないという人も多いのではないでしょうか。NAVERまとめにも「最近twitterなどで話題の『ラッスンゴレライ』ってなに?」といったまとめが。

 この言葉は、2014年4月に結成した吉本興業の「8.6秒バズーカー」というコンビのリズムネタに登場するもの。結成からまだ1年経っていませんが、現在人気急上昇中のコンビです。


画像 画像左、はまやねんさん。右、田中シングルさん。二人とも1991年生まれです。わ、若い……!

 では、“ラッスンゴレライ”がどういう意味なのかというと……ごめんなさい。それは、誰にも分からないんです。

 というのも、ネタは「♪ラッスンゴ〜レライ ラッスンゴ〜レライ」と1人がいきなり歌い出し、相方が「ちょっと待って、ちょっと待って、お兄さん」「“ラッスンゴレライ”ってなんですのん」と聞き返します。が、その後も「楽しい南国ラッスンゴレライ」「彼女と車でラッスンゴレライ」など意味不明な歌詞が続き、最期まで何も理解させないまま終了してしまうからなんです。


♪ラッスンゴ〜レライ ラッスンゴ〜レライ

 一度ネタを見ただけでも“ラッスンゴレライ”という妙に語感のいい言葉が、耳に焼き付いているはず。二度三度見てしまったら、思わず“ラッスンゴレライ”ってつぶやいてしまう体になっているかも。

 その証拠に「や〜い! お前の母ちゃん、ラッスンゴレライ!」「お前をラッスンゴレライにしてやろうか!!」など、適当なフレーズを作って口にしてみると、なぜか気持ちいいですよ。なんなんだろう、この中毒性は……!!

 で、“ラッスンゴレライ”って結局なんなんですかね……。



マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10