ニュース
» 2015年01月11日 14時19分 公開

一度聞いたら頭から離れない? “ラッスンゴレライ”って、いったいどういう意味なの

謎の中毒性……!!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 最近、話題になっている“ラッスンゴレライ”という言葉。聞いたことはあるけど、意味がさっぱり分からないという人も多いのではないでしょうか。NAVERまとめにも「最近twitterなどで話題の『ラッスンゴレライ』ってなに?」といったまとめが。

 この言葉は、2014年4月に結成した吉本興業の「8.6秒バズーカー」というコンビのリズムネタに登場するもの。結成からまだ1年経っていませんが、現在人気急上昇中のコンビです。


画像 画像左、はまやねんさん。右、田中シングルさん。二人とも1991年生まれです。わ、若い……!

 では、“ラッスンゴレライ”がどういう意味なのかというと……ごめんなさい。それは、誰にも分からないんです。

 というのも、ネタは「♪ラッスンゴ〜レライ ラッスンゴ〜レライ」と1人がいきなり歌い出し、相方が「ちょっと待って、ちょっと待って、お兄さん」「“ラッスンゴレライ”ってなんですのん」と聞き返します。が、その後も「楽しい南国ラッスンゴレライ」「彼女と車でラッスンゴレライ」など意味不明な歌詞が続き、最期まで何も理解させないまま終了してしまうからなんです。


♪ラッスンゴ〜レライ ラッスンゴ〜レライ

 一度ネタを見ただけでも“ラッスンゴレライ”という妙に語感のいい言葉が、耳に焼き付いているはず。二度三度見てしまったら、思わず“ラッスンゴレライ”ってつぶやいてしまう体になっているかも。

 その証拠に「や〜い! お前の母ちゃん、ラッスンゴレライ!」「お前をラッスンゴレライにしてやろうか!!」など、適当なフレーズを作って口にしてみると、なぜか気持ちいいですよ。なんなんだろう、この中毒性は……!!

 で、“ラッスンゴレライ”って結局なんなんですかね……。



マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン