ニュース
» 2015年01月13日 17時43分 公開

ドキっとする“雄っぱい写真”で話題 写真展「女装の軌跡と幸福論」開催

あのヒゲ女装パフォーマーも登場するトークイベントも

[林健太,ねとらぼ]

 女装コーディネーターとして、1000人を超える男性のメイク・撮影を手がけてきた写真家の立花奈央子さんによる写真展「女装の軌跡と幸福論」が1月26日から東京・銀座のヴァニラ画廊で開催されます。


女装の軌跡と幸福論 撮影:立花奈央子

 写真にドキッとしましたか? 写真展のポスターモデルを務めるのは、写真展のポスターモデルを務める加茂碧唯さん(アイドルグループ「恥じらいレスキュー」メンバー)。何だか信じられませんが、これも“雄っぱい”(男の子のおっぱい)なのでセーフです。

 立花さんは、2014年にブレイクしたヒゲ女装パフォーマーのレディビアードをはじめ、写真集「TRAP」や「ゆりだんし」の撮影、自身のフォトスタジオでの女装撮影などで、のべ1000人のメイク・撮影をしてきました。


女装の軌跡と幸福論 撮影:立花奈央子

 写真展では、女装をテーマに撮影された写真、約6年分が展示されます。立花さんが女装文化に関わっていくなかで、性別や美に対してどのような認識の変化があったのか、追体験できる構成になっているそうです。

 1月31日には、会場にてトークショーも開催。立花さんが、加茂碧唯さん、レディビアードさん、宮田徹也さん(美術評論家)らを交え、「女装の軌跡と幸福論」について語ります。

 ちなみに、2014年新語・流行語大賞では、「女装子(じょそこ)」がノミネートされていました。ますます市民権を得たように感じる「女装文化」の変遷と現在を写真展で感じてみては?


女装の軌跡と幸福論 撮影:立花奈央子


女装の軌跡と幸福論 撮影:立花奈央子


女装の軌跡と幸福論 撮影:立花奈央子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた