ニュース
» 2015年01月13日 19時04分 公開

スポーツとしてのまくら投げ「全日本まくら投げ大会」開催 ついに決定したまくら投げの正式ルールがガチすぎる

掛け布団で防御する「リベロ」や「先生がきたぞォ〜」コールなどの特殊ルールも。

[たろちん,ねとらぼ]

 修学旅行のお楽しみ「まくら投げ」がついにスポーツになりました。まくら投げの全国大会「全日本まくら投げ大会in伊東温泉」が2月22日に開催されます。

画像

 「全日本まくら投げ大会」は、静岡県伊東市の伝統行事をPRするために行われている「伊東温泉大学対抗イベントTRYアスロン」の種目のひとつ。開催3回目となる今回は正式ルールを設定し、日本で初めて「スポーツとしてのまくら投げ」の全国大会を行うことになりました。

 今回定められた正式ルールは、8人対8人の団体戦で競技エリアは縦9メートル横18メートルの畳の上。チーム構成は特殊な役割を持つ「大将」と「リベロ」が1人ずつ、まくらを投げる「選手」と競技エリア外に出たまくらを自陣に戻す「サポート」が3人ずつ。ワンバウンドしたまくら以外はキャッチしてもヒット扱いとなるため基本は避けるしかありませんが、防御専門のリベロだけは「リベロエリア」内でのみ掛け布団を持って防御を行えます。大将にまくらを当てるか制限時間内により多くまくらを相手に当てたチームの勝利。ほかにもサポートがまくらを回収する際には「先生がきたぞォ〜」コールをする必要があり、コールされたチームの大将は布団で寝たフリをしなければいけないなど、ユニークで妙に細かいルールが満載です。完全にスポーツだこれ……。

画像 まくら投げの正式ルールできたよー

画像 ルールがガチすぎる件

 ルールは地元の伊東高校城ヶ崎分校の生徒が考案し全国高等学校デザイン選手権大会で準優勝などを受賞した「まくら投げのすすめ」を基にしているとのこと。競技部門は「一般の部」「子供の部」「大学対抗の部」の3部門で、それぞれ全国から参加チームを募集中。優勝すればもちろん日本一となります。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響