ニュース
» 2015年01月19日 10時00分 公開

伝説の格ゲー「エアガイツ」の世界大会(17年ぶり2回目)が開催! 全国から猛者集結1000人が見守った?(1/4 ページ)

エアガイツ仮面、一体何者なんだ……。

 1998年、クラウドやティファなど「ファイナルファンタジーVII」(スクウェア・エニックス)のキャラクターたちが登場する格闘ゲームがあるという触れ込みで話題になった3D格闘ゲームがある。それが、“早すぎた格闘ゲーム”として語り継がれている「エアガイツ」(開発はドリームファクトリー)だ。ガードしながらの移動や上中下段の攻撃、フィールド内を縦横無尽に駆け回れる自由度の高さ、ステージの段差や障害物を利用した攻防、インタラプトという独特のカウンターアクションなど、2Dが主流だった当時の格闘ゲーム界にとって斬新すぎるゲームシステムが一部コアユーザーの心をがっちりとつかんだ。そんな知る人ぞ知るタイトルの第2次世界大会が1月11日、新宿・ネイキッドロフトで17年ぶりに開催された。

photophoto 会場となった新宿・ネイキッドロフト

 全国(といっても国内)から40人の新旧プレイヤーが集まり、熱い戦いを繰り広げた。主催は最大5セット(10台)のエアガイツを稼働させる「高田馬場ゲームセンターミカド」で、同店のイケダミノロック店長が実況を行い、国内最大級の格闘ゲーム大会「闘劇」の司会も務める郡正夫さんが司会を務めた。世界大会なのに日本人しかいないんですけど! などというやぼなツッコミを吹き飛ばすほどの熱気に包まれ、Ustream中継の同時接続者数は900人を突破。決勝戦では1000人を超えたという声が聞こえるほど、ゲーマーたちの熱いまなざしが注がれていたのだ。

photophoto 高田馬場ゲームセンターミカド店長イケダミノロックさん(写真=左)。「闘劇」の司会も務める郡正夫さん(写真=右)

 いつの間にか世間から姿を消したゲームの世界大会がなぜ今開催されたのか? エアガイツ人気再燃の裏にあるものとは? と、気になることも多いが、その裏話は記事後半でたっぷりと紹介したい。記事前半では、激戦の様子と結果を余すことなくお伝えしよう。

全国(国内)の猛者による新旧バトル勃発

 大会は3本先取で勝ち抜けのトーナメント形式で、優勝者1人を決める。優勝賞品などは特になく、ただただ圧倒的な名誉が手に入るのみ。関東、関西だけでなく、仙台、名古屋などからもエアガイツァーが駆けつけた。エアガイツはキャラクターとステージ選択がかなり重要になってくるのだが、参加者の4分の1が“強キャラ”のティファを選択。優勝候補の「東のエアガイツ仮面」もティファを選んでいた。

photo 会場の様子。大会ではスクリーン前にある2台を使用した。ちなみに混雑していた会場ではみんな体育座りで観戦

 エアガイツ仮面とは、「エアガイツがちょっと好きな人たち」なら誰でも名乗れる名前らしく、他にもエアガイツ仮面を名乗っている人が何人かいた。よくよく聞いてみると、「エアガイツ仮面(悪)」「西のエアガイツ仮面」など、表現が微妙に異なる。さらに突っ込んで聞いてみると、東のエアガイツ仮面は東京、西の仮面は大阪、北の仮面は京都、南の仮面は兵庫を所在地としているとかいないとか。ツッコミどころが多くて追いつかない読者諸氏のために、早速大会レポートに入っていきたい。

 実は筆者もミカドでエアガイツに再会した“古参エアガイツァー”で、プレイヤーとして本大会に参戦。くじで決まった対戦カードでは、開幕戦を担当することになった。最終ラウンドまでもつれ込むも、最後は防御がおろそかになり残念ながら1回戦敗退。これが世界か……。

photo 奥が筆者。使用キャラはティファ

 大会に向けて各プレイヤーはミカドや他のゲームセンターで練習を積み重ねており、大会中も心理的な読みあいや、慎重な試合運びが目立った。特に関西勢同士がぶつかるカードが多く、お互いの手の内を知り尽くしているからこその高度な読みあいが繰り広げられた。

 トーナメント後半になると、レベルの高いプレイヤーが会場を沸かせる妙技を連発。初心者には難しいインタラプトを要所で確実に決めるのはもちろん、タイミングが非常にシビアな投げ抜けを5回も6回も連続で行うなどの超人的なテクニックを披露した。エアガイツをプレイしたことがない人が見ると、「こんなにポンポン決まるんなら、投げ抜けも簡単なんだろうな」と思うかもしれないが、それは間違いだ。少なくとも「やってみよう」でできるレベルではない。

 決勝まで勝ち残ったのは、優勝候補の東のエアガイツ仮面と、関西最強の刺客エアさん。お互い切磋琢磨(せっさたくま)してきた仲で、どちらもキャラクターはティファを選択。プレイスタイルだけでなく、キャラクターの特徴や弱点も知り尽くした上での頂上決戦となった。最終戦はステージ特性を生かすといったごまかしが全く効かないオーソドックスなドームステージ。両者の実力がそのままぶつかり合うことになる。

photo 左からエアさんと東のエアガイツ仮面

 間合いをうかがいながらのけん制が続き、一瞬の隙を突いてヒット&アウェーを繰り返す手に汗握る展開が繰り広げられる。決勝戦にふさわしいレベルの高い攻防戦に会場のボルテージも高まっていく。要所で体力ゲージを大幅に削る投げ技を確実に決めていったエアガイツ仮面が、世界一の座に輝いた。

photo 緊張感漂う決勝戦
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」