ニュース
» 2015年01月27日 09時33分 公開

へんないきもの、盛りだくさん!  「切手の博物館」で海の珍生物(へんないきもの)に大量に会ってきた

なまこ、クラゲ、タツノオトシゴが迫り来る!!

[増山かおり,ねとらぼ]

 東京・目白の「切手の博物館」にて、「海の珍生物(へんないきもの)」展が開催されている。海の珍生物・ウミウシの切手だけでもなんと60点以上、全部で800点あまりのへんないきものを描いた切手が集合しているそう! たまらず、行ってきました!


画像 約100の国と地域の切手が展示されている

 海で生きる珍生物の切手ばかりを集めた「海の珍生物(へんないきもの)」展。1960年代以降に発行された切手の約80%、35万種ほどにのぼる膨大なコレクションの中から、海で生きるさまざまな珍生物の切手だけを約800点もセレクト。1月7日より展示を行っている。


画像

 館長を除けば男性スタッフは学芸員の田辺龍太さん1人という同館。そのほか多数の女性スタッフがワイワイキャイキャイと、なまこやクラゲ、ウミウシなどの珍生物の切手を集め、手作りの展示を作り上げたのだそうだ。


画像画像 例えば、こんなのがいっぱい!

※今回は取材のため特別に許可を得て撮影しています。

「初めは気持ち悪かったけど、探してるうちに快感に変わっていったよね」(田辺さん)

「ハイ。ウミウシは結構カラフルで、切手はすごくカワイイんです。でも貝はエグイです」(女性スタッフ)

 さて、そのウミウシと貝の切手を見てみよう。


画像 確かに、けっこう可愛い

画像 これもファンシー

画像

 一方、貝のほうは……。

画像 なかなかエグイ

画像

画像 ちょっとヒョウタンツギっぽい貝で一休み

 これは館内一、色鮮やか大賞(筆者主観)。


画像

 こちらはもはや映画ポスターのよう。欧米では切手を家に飾る人も多いそうだ。


画像

 それぞれの国特有のデザインにも注目したい。全展示品の中でも群を抜くカッコよさを見せつけていたのが、ソマリアの切手だ。


画像

画像

画像

 クラゲだけでもこんなにある。


画像

画像

画像

 ちなみに、展示ケースのボタンを押すとパッと光る仕掛けのクラゲもいた。サイケだ。


画像

 「1959年、アメリカ統治下の沖縄でできたこの切手が、世界初のクラゲを大きく扱った切手なんです」(田辺さん)というクラゲ切手の道を切り開いた1枚がこちら。


画像

画像 みんな大好き! タツノオトシゴもチェック

画像

 なまこコーナーも、忘れてはいけない。なまこの切手だけで、なんと16点! 「たぶん、本当はもっとあると思います!」(田辺さん)


画像 よく見ると「海のきゅうり」と書いてある。英語の勉強にもなりますな

画像 なまこの一瞬を、鮮やかに切り取った作品

画像 なまこの横で微笑む、ブルネイのエライ人

 ショップは展示に関連する切手のほか、「売り切れちゃったけど、フィンランドのゲイの切手もあった」(田辺さん)という幅広い品ぞろえ。切手に目覚めてしまった人のために、コレクション用のグッズも取りそろえているので、安心して珍生物切手の世界に身をゆだねてほしい。

  • 【開催期間】2015年1月7日〜3月29日
  • 【休館日】月曜日(祝日の月曜日も休館)
  • 【開催場所】切手の博物館 1階 企画展示室
  • 【観覧料】大人200円、小中学生100円、障害者無料 ※1月23日は「ふみの日」で無料、2月と3月は月曜日休館のため翌24日が無料
  • 【問合せ】03-5951-3331
※今回は取材のため特別に許可を得て撮影しています

増山かおり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」