ニュース
» 2015年01月29日 14時54分 公開

イッカクがペンギンを貫いている人形「復讐のイッカク」の世界観が独特すぎる

もたらされる強烈なインパクトとクエスチョンマーク。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 北極圏の生物・イッカクが長い1本のキバでペンギンを貫いちゃった! という設定の人形「THE AVENGING NARWHAL(復讐のイッカク)」が奇抜すぎます。アメリカのおもちゃメーカー・Archie McPheeの商品です。

画像 ぎゃあああああ、ペンギンが貫かれてる……

 「THE AVENGING NARWHAL」はイッカクとペンギンの人形が1体ずつ入ったセット。ペンギンのお腹に穴が空いているので、イッカクがペンギンをキバで貫通させるお遊びがいつでも楽しめるようになっています。上級者向けすぎるよ。

 この斬新なデザインは開発側が勝手に作った設定に基づいたもの。Archie McPhee公式サイトでは次のようなストーリーが明かされていました。

 イッカクは長いキバをもつ容姿のせいで、学校ではペンギンの集団からからかわれ続けていました。ところがある自習時間、ペンギンのメモを拾ったことで彼らの陰謀が発覚。ペンギンは自然のドキュメンタリー番組やアニメ映画の宣伝部を買収することで、世界中の人間からの人気を不当に集めて続けていたのです。そこでイッカクが彼らの悪巧みをつぶすべくペンギンのボディを貫いた――というシーンを再現したのが今回の人形なのでした。設定もわけがわからないことがおわかりいただけたでしょうか。

画像

 とりあえずイッカクがペンギンを許せなくて刺したという独特な世界観の商品。価格は7.5ドル(約900円)、Archie McPheeほかAmazon.jpやヴィレッジヴァンガードオンラインストアなどで販売中です。ちなみにイッカクのキバは付け外しできます。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」