ニュース
» 2015年01月29日 19時48分 公開

雪道の転倒防止は、靴底をチェック! 転ばないための歩き方のコツは?

雪の日は滑りにくい靴を選びましょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

毎冬1〜2月は、ニュースや新聞で雪道での転倒事故がよく報道されます。

中でも、朝6〜9時までの通勤時間帯の転倒事故が多い(※1)のは、気温が低い午前中に雪道が凍結しやすいから。スケートリンクのようになった「ツルツル路面」を、いつもの通勤靴やヒールで歩くのは大変危険!

そこで、転ばない秘策として冬靴選びに注目しました。靴底を重視して、スマートに雪道を歩きましょう。

※1 東京消防庁「安心・安全トピックス」より




画像 大雪時の渋谷駅前。いざという時の雪靴対策は万全ですか?

冬靴は防滑ソールを選ぼう

 北海道や東北の人に比べ、関東以南の人は雪道に慣れていないため、冬靴は実用性よりもファッション性や防寒性で選びがち。あらためてブーツの靴底をチェックしてみると、全く溝がないものや、滑り止めがついていないのが主流ですよね。これじゃまるで、雪道を転ぶために履いているようなもの。一般的なスニーカーも、溝が浅い靴底が多いため滑りやすく、雪道には不向きです。

【靴底の滑り止めをチェック】

  • 靴底全体に小さな深い溝がある
  • 靴底に3〜5カ所、ポイントが着いている
  • 靴底が滑らない素材(セラミック、ゴム、スパイクなど)でできている
  • 靴底のパターンが細かいもの


滑りにくいビジネスシューズ

 「スノーブーツは仕事で履けない……」。そんな男性にオススメなのが、見た目が普通のスノービジネスシューズ。靴底全体が滑り止め加工になっていて、ローファータイプも販売されています。

 また、レディースの防滑パンプスやショートブーツなども、インターネットで購入できます。特にパンプスでは、ヒール部分のかかとをチェックするのを忘れずに!  雨用の滑り止め加工もあるので、雪用の滑り止め加工が施されているか気をつけましょう。

 スノービジネスシューズは、雪国への出張用に一足揃えておけば重宝します。



急な積雪には、簡易式滑り止めを活用

 帰宅途中の急な積雪には、簡易式滑り止めが便利です。つま先全体をスパイクソールでカバーできる「コロバンド」や、靴底中央にセットする「靴用スノーチェーン」、ガラス繊維の薄型滑り止め「スタッドレスバンド」など、多種メーカーから雪道を安全に歩くためのグッズが出まわっています。いずれも軽量コンパクトなので、冬限定でバッグに常備しておけば安心。

 雪道で転ばない歩き方のコツは、足先に重心をかけて「急がず、焦らず、ゆっくり」。小さな歩幅でそろそろと、地面から足を上げすぎないのがポイントです。



滑りやすい場所を覚えておこう

 雪道の転倒事故は、「滑りやすい場所」を認識することでも防止できます。バスやタクシーの乗降場所、駐車場の入口や横断歩道など車の出入りがある歩道や、地下鉄駅や地下街からの出入口付近などを歩くときは、急いで歩こうとして足を滑らすケースが多いようです。

 冬靴を履いているからと楽観せず、安心・安全に歩きたいものですね。



あわせてチェックしたい



Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」