ニュース
» 2015年01月31日 14時13分 公開

別冊宝島「日本刀」が異例の23万部突破 「なぜこの本が売れているのだろう?」

それはね。

[ねとらぼ]
日本刀

 宝島社から1月16日に発売した別冊宝島「日本刀」が、昨年発売した第1弾と合わせて累計23万部を超える“異例”の売れ行きとのこと。……あれのせいかな?

 宝島社は売れている理由として、収録されているコラムから引用し「刀を奉納することを通し日本人は自然や神と対話してきた」崇高な精神性が求められているからと分析しています。

 えっと……きっと「刀剣乱舞」が一因だと思います! ある意味「審神者(さにわ)」として刀と対話したい人たちが購入した結果なのではないでしょうか。

 このナイスタイミングで販売された別冊宝島「日本刀」には名刀92振りがビジュアルとともに分かりやすく解説。秀頼から家康へと継承された「南泉一文字」を実物大で楽しめるポスターが付録しています。「享保名物帳」にある天下三作「藤四郎(粟田口吉光)」「正宗」「江義弘」も紹介されていますよ。追悼企画は「日本刀と高倉健」です。価格は税別800円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」