ニュース
» 2015年02月02日 18時52分 公開

なぜか特別賞に矢口真里さんが ふんどし普及の貢献者に贈る「ベストフンドシストアワード2014」決定

矢口さんってふんどし派だったのかと思いきや。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ふんどし普及に貢献したプロフェッショナルに贈られる賞「ベストフンドシストアワード2014年」が発表されました。特別賞にはタレントの矢口真里さんが選ばれています。どういうことなの。

画像 これが2014年のベストフンドシストたちだ!

 「ベストフンドシストアワード」は日本ふんどし協会が毎年1回、ふんどしの素晴らしさを世に広めるのに貢献した人を選出・表彰するもの。今回発表された2014年度では、長年ふんどしを愛用し、ふんどし応援ソングまで制作しているサンプラザ中野さんが大賞に選ばれました。ほかにも天野ひろゆきさん、マキタスポーツさん、ニュースキャスター・岸田雪子さんがベストフンドシストとして受賞を果たしています。

 そんな受賞者のうち異彩を放っている矢口真里さん。ふんどし派だったんですか? と驚きながら特別賞の詳細を調べてみると、「ふんどしを締め直して頑張ろうとする方を応援するため本年度から新設された賞」だそうです。あっ……(察し)。

 「ふんどしの日」である2月14日の前々日、2月12日には授賞式も行われる予定。各受賞者の動画コメントは近日公開されます。なお、いとうせいこうさんは3年連続受賞したため殿堂入りとなりました。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン