ニュース
» 2015年02月02日 21時13分 公開

「花粉の飛ばないところで仕事がしたい」 社員の一声から花粉の少ない沖縄でも働ける制度を導入する企業が登場

症状が重いと花粉症でも、仕事に影響が出るかもしれませんからね。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 国民病といわれるほど、多くの人が悩んでいる花粉症。出勤しただけで涙やくしゃみが止まらなくなってしまい、会社に到着してもまったく仕事にならない……と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 社員の花粉症の悩みを解決するべく、渋谷区にあるWebサービス開発企業spice lifeが、独自の新制度「リモートライフ」を導入しました。社員がオフィスに縛られず好きな場所で仕事できるというもので、花粉症を患っているある社員は、今年2月から2週間、スギが少なく花粉症の症状が出にくい沖縄県に行く予定だそうです。なにこの企業、すげえ入社したい。


画像 「花粉症の時期は、花粉の飛ばないところで仕事がしたい」という社員の一声から、好きな場所で仕事ができる「リモートライフ」制度を導入

 「リモートライフ」制度導入のきっかけは、「花粉症の時期は、花粉の飛ばないところで仕事がしたい」という社員の一言。「目がかゆく、涙とくしゃみが止まらない」「花粉症用の薬の影響で眠くなる」「日によってはまったく仕事にならない日もある」など、重度の花粉症を患っていたそうです。仕事に影響が出る可能性もあるため、会社としても悩ましい問題ですね。

 そこで、花粉症の社員のみ、スギが少なく花粉症の症状が出にくい沖縄で勤務できる「花粉症疎開制度(仮)」という制度を検討。しかし、花粉症でない社員に不公平であることや、効率よく仕事できる場所や時間は人それぞれであることを考慮して、会社が許可すれば全社員が好きな場所で仕事できる「リモートライフ」制度を導入することが決定したそうです。利用できる時期の制限もなく、足を骨折して出勤しにくくなってしまった場合は自宅で仕事することもできるかも。いいなあ、この制度……。

 日本気象協会の「2015年春の花粉飛散予測(第3報)」によると、北陸・関東甲信・東北地方では花粉の飛散が少なかった2014年に比べると、2015年は2〜3倍の花粉が飛散するとのこと。花粉症で悩んでいる人は少なくなく、仕事に支障が出てしまう場合もあります。企業側でもしっかりした対策ができると、仕事の生産性が上がるかもしれませんね。


画像 2015年の花粉飛散数を例年の飛散数と比較した図。九州から近畿地方では、例年より少なくなるそうです。ラッキーですね!

画像 2014年との花粉飛散数の比較。北陸・関東甲信・東北地方あたりが圧倒的に赤い。見てるだけで、なんだか背筋がぞわぞわしてきますね……

マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声