ニュース
» 2015年02月04日 21時46分 公開

「アーウチ(棒)」 初代「バイオハザード」の伝説的にひどい英語をせっかく直ったHD版でわざわざ再現するMODが開発中

黒歴史をほじくり返すのはやめてさしあげろ。

[たろちん,ねとらぼ]

 1996年に発売された傑作ホラーゲーム「バイオハザード」。昨年には「HDリマスター」版が発売され、さまざまな要素のクオリティが上がっているのですが、海外の一部で「初代の最もひどかった部分」を再現しようという謎の試みが行われています。

画像 「初代バイオのクソ英語再現しようぜ!」という謎プロジェクトが始動

 海外でもゲーム内容が素晴らしいと高い評価を得た初代「バイオハザード」。実はその一方で、「英語の演技が壊滅的にひどい」ということでも知られています。初代バイオでは文法や発音などかなり「日本人好みの英語」が採用されており、ネイティブが聞くと「棒読みすぎるだろw」「そんな言い回ししねえよ!」といった反応になるのだそう。海外ゲーマーの間ではおなじみのネタとなっており、「演技がひどいゲーム」という話題になると必ずこの初代バイオが取り上げられるほど。確かによく聞くと、ケガをしたリチャード・エイケンの全然危機感が感じられない「アーウチ(棒読み)」など、日本人でも明らかに違和感のあるセリフもあります。

リマスター版に伝説の「ダメ英語」をのせるとこうなる
画像 「アーウチ(棒)」

 「HDリマスター」版ではキャラクターのボイスも一新されているのですが、これに不満を覚えたのが既にすっかり初代のダメ英語のとりことなってしまった一部のファンたち。ついには高画質になった「HDリマスター」版に、わざわざ初代の声を高音質にして吹き替えるMODを開発する人まで登場しており、「やっぱバイオはこの声じゃないとな!」などと盛り上がっているようです。日本人としては「やめて!」と顔を真っ赤にして言いたくなりますが、黒歴史をいつまでもいじられるのは日本のネットも海外のネットも同じみたいですね……。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」