ニュース
» 2015年02月06日 10時00分 公開

日本の伝統文化が体験できる寺社フェス「向源2015」! 「お坊さんも怖がるお化け屋敷」や「死の体験旅行」など個性豊かな100以上のワークショップが楽しそう

日本一召されそうなフェス、今年も来るよー!

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 体験型仏教フェスティバル「向源2015」が今年も開催。今年は5月2日〜3日と、期間を2日に増やしてボリュームアップして増上寺(東京都芝大門)にて開催されます。


画像

 向源は2011年より開催している、日本の伝統文化の体験イベント。ライブやフェス飯、トークショーにプロジェクションマッピングといった「既存のフェス」のコンテンツに加え、「能の体験」「坐禅」「念仏」などの寺社フェスならではな体験型のワークショップが100本以上用意されています。ワークショップのラインアップを見ても茶道や書道、香道、能といったものや、水引や塗香づくり、さらには宇宙学や脳科学といった最先端のジャンルのトークショーなど実に多彩です。また、自らの死を精神的に疑似体験する大人気企画「死の体験旅行」も登場します!


画像 プロジェクションマッピング

画像 フェス飯「京都まるごとマルシェ」

画像 能楽体験

 過去予約制の体験イベントがほとんどだった向源。今年からは予約なしで楽しめるイベントを増やして、もっと日本の伝統文化を気軽に楽しめるフェスにするとか。その第1弾として、そこにあると誰もがつい気になってしまうようなお化け屋敷を作るべく現在クラウドファンディングでスポンサーを募集中です。お化け屋敷のプロデュースは、東京ドームシティアトラクションズをはじめ数多くのお化け屋敷を手掛けるお化け屋敷プロデューサーの五味弘文さんが担当! お化け屋敷の第一人者と死後の世界のプロによる最強のタッグ「お坊さんも怖がるお化け屋敷」……ぜひ体験してみたい!!

向源2014のプロジェクションマッピングの様子。これは召される(確信)

ちぷたそ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」