ニュース
» 2015年02月06日 14時08分 公開

ゾンビが出る理由が「グローバル化だ」 インド初のゾンビコメディ映画「インド・オブ・ザ・デッド」が日本上陸

タイトルが直球すぎる。

[たろちん,ねとらぼ]

 映画大国のインドで初めて制作されたゾンビ映画が日本に上陸します。その名も「インド・オブ・ザ・デッド」です。なんてド直球な邦題!

画像 インド・オブ・ザ・デッド公式サイト

 「インド・オブ・ザ・デッド」は、コメディ要素満載の笑えるホラー映画。ビーチリゾート「ゴア」のロシア人マフィア主催のパーティでお披露目された「食べるとゾンビ化する新型ドラッグ」によってゾンビが誕生し、お金がなくてドラッグが買えなかった3人がホラー映画の知識とテレビゲームで鍛えた射撃能力でゾンビたちに立ち向かうという内容。もともと土葬文化がないインドでゾンビが出る理由を「グローバル化だ」と説明したり、「死人は殺す」と矛盾しまくった名言が飛び出すなど、予告編からゾンビ映画らしからぬ楽しそうな雰囲気になっています。

画像 インドでゾンビなんか出ないだろ?

画像 グローバル化だ(断言)

 ちなみに映画の公式Twitterによると、原題の「GO GOA GONE(ゴアに行ったら、逝っちゃった)」と違う邦題をつけたのは、「誰でも一発で内容が想像できる剛速球(暴投)」だからとのこと。中の人は洋モノAV「ハーミデーター」の名付け親でもあるそうで、「インド・オブ・ザ・デッド」はかなり頑張って考えたほうだそうです。映画も公式も癖ありすぎだろ!

 上映はヒューマントラストシネマ渋谷で3月21日から、シネ・リーブル梅田にて4月からの予定となっています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」