ニュース
» 2015年02月08日 19時06分 公開

ゲームの動画、ネットに投稿しても大丈夫? → 「鉄拳」原田Pが回答「むしろ感謝してるからお好きにどうぞしてやがれください」

「鉄拳は私がやってるうちはこれまでもこれからも、配信が常識的である限り大丈夫ですよ」。

[ねとらぼ]

 今やすっかりゲーム文化の一角を占めるまでになった、「ゲーム実況」や「プレイ動画」。しかし著作権の問題もあり、いまだグレーな側面が色濃く残っているのも事実です。

 そんな中、「鉄拳」シリーズや「サマーレッスン」などで知られる、バンダイナムコゲームス・原田勝弘プロデューサー(@Harada_TEKKEN)が、フォロワーからの「『鉄拳7』の動画をネットに上げたいが、権利的に大丈夫でしょうか」という質問にTwitterで回答し話題になっています。



 原田Pは「なるほど、では建前無しで説明します」と前置きしたうえで、「正面から質問すると『厳密にはダメです』という杓子定規な回答が返ってきます」「版元の我々が様々ケチをつければなんとでもできます」とまずは一般論から説明。

 しかし、あくまでこれは「杓子定規な」回答。現実的には「(鉄拳に限っては)版元である我々が『広告宣伝である』とみなしている限りは、訴えたりすることはありません」と正直に答えます。特に鉄拳の場合、ファンによる配信や観戦行為は重要な盛り上がりの1つと捉えており、よほどの逸脱行為がない限りは黙認というスタンスだそうです。

 「鉄拳は私がやってるうちはこれまでもこれからも、配信が常識的である限り大丈夫ですよ」と原田P。さらに「盛り上げてくれるなら、むしろ感謝してるから配信でも二次創作でもお好きにどうぞしてやがれください」と本音もぶっちゃけます。



 ただ今回のような回答はかなり例外的で、通常、権利者側がこういう質問に本音で回答してくれることはまずありません。原田Pも「ほんとうは『大丈夫ですよ』なんて事をいうのが問題あるんですよ」「なので言わせないで、表立って質問しないで、まずは好きにファン活動してくださいよ」と、難しい立場にあることもうかがわせています。

 それでも、言いにくいことも含めてファンの質問にちゃんと答えてくれた原田Pの姿勢は「鉄拳」やゲーム実況ファンの支持を大いに集める形に。Twitterでは「心が広い!」「こういう方に作られている鉄拳がうらやましい」など好意的な反応が多く寄せられていました。

「鉄拳が好きでいてくれてありがとう、遊んでくださってありがとう。そういう事です。お互いに」(原田P)

 もちろん、上記の回答はあくまで「鉄拳」シリーズに限っては、というのが前提。すべてのゲームにあてはまるわけではないためご注意を。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる