ニュース
» 2015年02月16日 16時50分 公開

焼酎を1日1升!? 都城市「ふるさと納税」に焼酎1升瓶×1年分365本もらえるプランがあってTwitterに衝撃走る

都城市が定義する「焼酎1年分」が多すぎる。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 応援したい自治体に寄付すると所得税や住民税が一部控除されたりするだけでなく、自治体の特産品がお返しとしてもらえることで話題の「ふるさと納税」。宮崎県都城市のお返しにある、焼酎の一升瓶を1年分として365本もらえるプランが一部のTwitterユーザーに衝撃をもたらしています。焼酎を1日1升ってペース速すぎやしませんか!?

画像 えっ、焼酎1年分って1.8リットルを毎日飲むペースなの?(ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」より)

 そもそも都城市はお返しの品質にこだわり、あえてラインアップを都城市の2大特産品である「お肉」と「焼酎」に限定しています。内容はブランド牛「宮崎牛」や「みやざき地頭鶏」、霧島酒造が生産する芋焼酎「黒霧島」などなど。焼酎のお返しは、1万円以上では芋焼酎「白霧島」1.8リットル瓶の3本セット、5万円以上だと8本の芋焼酎飲み比べセットなど、寄付額に応じて実にさまざまなプランが用意されています。

画像 都城市公式サイト。肉と焼酎が日本一だとPRしています

画像 「ふるさと納税」の特典は、お肉と焼酎をメインにいろんなプランが

 そんな中、一際異彩を放っていたのが100万円以上300万円未満のプラン「黒霧島20度1.8リットル 1年分365本」でした。「黒霧島」の一升瓶の365本セットで、金額にして80万円相当と還元率が80%でかなりお得です。それでもこの量を「1年分」と、焼酎を1日1升消費する前提で打ち出してしまえる都城市には、どうしても脅威を感じずにいられません。なんてふるさとだ。

 Twitterではこのお返しについて「都城市に100万円ふるさと納税すると貰える一年分の芋焼酎がこわい」と言及したツイートが約4000回リツイートされるなど共感を呼びました。ほかにも「毎日焼酎一升も飲めない…w」「無理無理! 怖いわ九州」などハイペースな消費具合を恐れる声が見られます。

 もちろん「1年分」とはあくまで分量をわかりやすく示したものであって、都城市民が焼酎を1日1升飲むわけではありません。ただ焼酎の消費量全国1位を過去に何度も記録している宮崎県だけあって、焼酎好きな県民性に何かしらツッコみたくなるプランなのでした。都城市のふるさと納税ではお返しを毎月1〜2回更新しながら用意しており、現在ある36種類のうち19種類が品切れとなっているなど人気を呼んでいます。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響