ニュース
» 2015年02月18日 13時37分 公開

指紋がついた時期まで分かる!? 最新鋭の鑑識マシンがすごそうな件

光スペクトル計測技術を応用。非破壊・非接触で調べられます。

[ねとらぼ]

 犯罪の重要な物証にもなる「指紋」──どうやって採取するかと聞かれれば、ドラマなどでおなじみ、アルミパウダーをポンポンと付着させる姿が浮かびますが、早稲田大学などが開発した最新鋭の鑑識マシンはもっとハイテクです。

photo ハイパー・フォレンシック・イメージャー

 今回発表された「ハイパー・フォレンシック・イメージャー」は、早稲田大学理工学術院の宗田孝之教授が、JFEテクノリサーチと科学警察研究所との共同研究で開発したものです。光スペクトル計測技術を応用し、現場の物証を非破壊・非接触で回収できるそうですよ。

 同装置は、指掌紋や体液等に含まれる脂肪やたんぱく質といったヒト由来成分を、光スペクトル計測技術により分析するもの。分析されたデータはその場で指掌紋として画像化できます。

photo (a)は壁に潜在する掌紋画像、(b)は切符磁気面に潜在する指紋画像

 非破壊・非接触で鑑識できるだけでなく、これまでの手法では検出が難しかったフォトペーパーや切符の裏面などの指紋検出や、重なった指掌紋の分離検出も可能。さらに、「潜在指掌紋が発する蛍光スペクトルから、印象時期を特定できる可能性も秘めている」そうです。時間経過とともに指掌紋の蛍光スペクトルは変化するそうで、これを正確に分析できるようになれば、「その指紋がいつ付着したものなのか」も推測できるようになります。

 現場で指紋を画像化できる同装置があれば、インターネットを使って指掌紋データベースに即座に照合するといったシステムも構築が可能になるとのこと。犯罪調査や身元確認のスピードアップにつながりそうですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響