ニュース
» 2015年02月19日 09時00分 公開

「ナナメ上に進化しすぎ」と大不評だった“新型”ワニワニパニック、実は「日本での販売予定はなし」

バンダイナムコゲームスに聞いてみました。

[ねとらぼ]

 先日のジャパンアミューズメントエキスポ2015に出展され、その写真がネットで話題になった“新型”ワニワニパニック(正式なタイトルは「Whack'em FunkyGator」)。従来のような機械式ではなく、画面の中のワニに合わせてボタンを押すゲームになっていたことから、Twitterでは「ワニワニパニックなのにハンマーがない!」「どうしてこうなった」など困惑する人が続出していました(関連記事)。



 が、バンダイナムコゲームスの出展ページを見てもワニワニらしきものの情報はなし。あれは一体何だったのか? 気になったのでバンダイナムコゲームスに聞いてみたところ……

「あれはもともと海外用のタイトルで、日本での販売は今のところ予定していないんです」(バンダイナムコゲームス 担当者)

 な、なんだってええええ!

 今回出展されていた「Whack'em FunkyGator」はいわゆる「リデンプション機」と呼ばれるもの。リデンプション機とは、ゲームの成績に応じて景品と交換できるチケットが排出されるマシンのことで、海外ではこちらのタイプが多いのだそう。ただし日本では法律の問題もあって設置が難しく、今回はあくまで参考出展とのことでした。

 ちなみにゲーム内容についても聞いたところ「ワニワニパニックとほとんど同じです」とのこと。またタイトル画面に「VR」とありましたが、これについては「特にVRらしい要素はなかったはずですが……」と担当者も首をかしげていました。

 日本向けでなくて一安心……と言っていいのかどうかはよく分かりませんが、とりあえず、僕らが知っている「ワニワニパニック」はまだもうしばらくは現役のようですね。




画像 Twitterでは「こんなのワニワニパニックじゃない!」とツッコまれまくっていました

画像 「ワニワニパニック」画像検索結果。やっぱり機械式がいい……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む