ニュース
» 2015年02月19日 13時36分 公開

Kindleで1000万円売れた漫画家・鈴木みそさんが2014年の電書売上を公開 驚きの金額に

え……!?

[ねとらぼ]

 2013年にAmazonのKindle向け個人出版で1000万円以上を売り上げて注目を集めた漫画家・鈴木みそさん。このほど、2014年の売上をブログで報告しています。もろもろの作品の売上を合計すると709万1112円になったとのことです。700万円超え!! スゲー!!!!

photo 鈴木さんのブログ記事

 2013年、鈴木さんは漫画家個人としてKindle市場にいち早く目を付け、市場が成熟していない中で商業誌連載作「限界集落(ギリギリ)温泉」の第1巻を100円というお手頃価格で販売しました。続巻は400円で販売するといった作戦も功を奏し、1年で1000万円もの大金が振り込まれ、「いやあ、すげえ」と作者も息を飲む結果となりました。

 そして2014年――Kindle個人作家の話題性といった面では、2014年よりも落ち着いた感もあり、「やっぱり電子だって、そうそういつまでも売れないでしょ」と鈴木さんも思っていたとのこと。前年の6割ぐらいの売上を予想していたそうですが、結果は予想を上回りました。

 ちなみに今回は、各巻の売上が販売分と貸出分に分けて紹介されています。貸出分というのは「Kindleオーナー ライブラリー」というAmazon有料会員の無料読書サービスで読まれた分です。このサービスでは、読者は作品を無料で読めますが、作家には貸出数に応じた一定金額がAmazonから支払われる仕組みになっています。

 鈴木さんの場合、1冊の貸出金額は平均で「220円くらい」になったとのこと。100円で売っている「限界集落(ギリギリ)温泉」1巻の場合、普通に売るより貸し出した方が実入りが増えるという不思議な現象が起こりました。電子書籍の世界は、いろんな売り方、稼ぎ方がありそうですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」