ニュース
» 2015年02月19日 14時00分 公開

島耕作シリーズの名悪役「今野輝常(きつね)」のルビが25年間「てるつね」と間違って掲載されていたことが判明

なんで誰も気付かなかったんだよ!

[たろちん,ねとらぼ]

 モーニングにて連載中の漫画「島耕作」シリーズに登場するキャラ「今野輝常」。初登場から約25年間、ずっと「こんの・てるつね」とルビが振られていましたが、実は正しい読み方が「こんの・きつね」だったと講談社が謝罪文を掲載しました。なんで誰も気付かなかったんだよ!

画像 モーニング「長年の誤植ごめんなさい!」

 今野は「課長編」から「取締役編」にかけて登場した悪役キャラで、作者の弘兼憲史さんが「最も好きなキャラクターの1人」と語る名脇役。現在連載中の「会長編」に十数年ぶりに再登場することを記念して、週刊Dモーニングで「特別編集 今野輝常マガジン」が無料公開されたのですが、その中で「登場以来、お名前の読みを『きつね』ではなく『てるつね』と誤ってお呼びしておりました」と衝撃の告白をしています。これには今野さんも「謝れば許されるいうんか!?」とご立腹の様子。

画像 週刊Dモーニングで公開中の「今野輝常(きつね)マガジン」。ちゃんと正しいルビが振られてます

画像 謝れば許されるいうんか!?

 誤解を生むきっかけとなったのは、「課長編」の説明会で今野が自己紹介をするシーン。漢字で自分の名前を書き「キツネと呼んで下さい、カハハハハ」と言って盛大にスベるシーンが描かれています。いかにも「本当はてるつねだけどキツネと読ませるギャグ」に見えますが、実際はおどけた調子で本名を名乗っただけだったもよう。今野さん側にも多少の問題があるように思えますが、それにしても25年間間違ったまま誰も気付かないとは、まさにキツネにつままれたような話ですね。

画像 「今野輝常ファン」のライター山田ゴメスさんのコラムでも自己紹介のシーンが取り上げられています

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」