ニュース
» 2015年02月19日 14時00分 公開

島耕作シリーズの名悪役「今野輝常(きつね)」のルビが25年間「てるつね」と間違って掲載されていたことが判明

なんで誰も気付かなかったんだよ!

[たろちん,ねとらぼ]

 モーニングにて連載中の漫画「島耕作」シリーズに登場するキャラ「今野輝常」。初登場から約25年間、ずっと「こんの・てるつね」とルビが振られていましたが、実は正しい読み方が「こんの・きつね」だったと講談社が謝罪文を掲載しました。なんで誰も気付かなかったんだよ!

画像 モーニング「長年の誤植ごめんなさい!」

 今野は「課長編」から「取締役編」にかけて登場した悪役キャラで、作者の弘兼憲史さんが「最も好きなキャラクターの1人」と語る名脇役。現在連載中の「会長編」に十数年ぶりに再登場することを記念して、週刊Dモーニングで「特別編集 今野輝常マガジン」が無料公開されたのですが、その中で「登場以来、お名前の読みを『きつね』ではなく『てるつね』と誤ってお呼びしておりました」と衝撃の告白をしています。これには今野さんも「謝れば許されるいうんか!?」とご立腹の様子。

画像 週刊Dモーニングで公開中の「今野輝常(きつね)マガジン」。ちゃんと正しいルビが振られてます

画像 謝れば許されるいうんか!?

 誤解を生むきっかけとなったのは、「課長編」の説明会で今野が自己紹介をするシーン。漢字で自分の名前を書き「キツネと呼んで下さい、カハハハハ」と言って盛大にスベるシーンが描かれています。いかにも「本当はてるつねだけどキツネと読ませるギャグ」に見えますが、実際はおどけた調子で本名を名乗っただけだったもよう。今野さん側にも多少の問題があるように思えますが、それにしても25年間間違ったまま誰も気付かないとは、まさにキツネにつままれたような話ですね。

画像 「今野輝常ファン」のライター山田ゴメスさんのコラムでも自己紹介のシーンが取り上げられています

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響