ニュース
» 2015年02月20日 13時54分 公開

薬としての効能は一切ありません! プラシーボ効果しかない偽薬を取り扱う、正直な“製薬”会社が話題に

“製薬”会社を名乗っていますが、販売しているのは錠剤そっくりな食品です。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 薬物としての効果が無い偽薬の製造などを行っている兵庫県の企業、プラセボ製薬がTwitter上などで話題になっています。

 社名には“製薬”とついていますが、取り扱っているのは「プラセプラス」というでんぷんなどの成分を錠剤のように成形した食品です。容器も茶色い薬瓶そっくりのものを使用しています。


画像 公式サイト、トップ画面。そういえば、“人の為”と書くと、“偽”という漢字になりますね

画像 薬としての効果、効能はまったく無い「プラセプラス」

画像 見た目は本物の錠剤にそっくり

 プラセボ製薬のURLを掲載したツイートが2月18日に現れて以降、Twitter上には「ネタかと思ったらガチだった」「この発想はなかった」などのコメントが投稿されています。効能が無いことを明示しながら、薬の偽物を販売する“製薬”会社が存在するという事実が衝撃的だったのかもしれません。

 プラセボ製薬の社名にもなっているプラシーボ(プラセボ)とは、薬効成分を含まない偽薬のこと。プラシーボを処方された患者が本物の薬だと信じ込んで、実際に症状が改善することは「プラシーボ効果」と呼ばれています。

 公式サイト内の「プラシーボ辞典」によれば、プラシーボ効果がただの思いこみだけで現れることは少なく、一般的にはプラシーボの投与などの具体的な治療行為を行なう必要があります。人間って不思議な生き物なんですねえ……。“製薬”会社を名乗っているのは、「イメージ戦略的な効果」のためでもありますが、「表記がもたらす善き作用としてのプラシーボ効果を信じ」、「企業としての社会的な責任を常に意識するため」だそう。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」