ニュース
» 2015年02月20日 18時06分 公開

「日本タイトルだけ大賞」2014年度の受賞作発表 大賞「人間にとってスイカとは何か」、残念賞「永遠のエロ」

手に取りたくなるタイトルばかり。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 1年で出版された書籍のなかからタイトルが秀逸なものを表彰するアワード「日本タイトルだけ大賞」の2014年度受賞作品が2月14日に発表されました。2014年度の大賞は臨川書店発刊「人間にとってスイカとは何か」(著者:池谷和信/編集:印東道子、関雄二、白川千尋)に決定。確かに何かとそそられるタイトルです。

画像 「日本タイトルだけ大賞 第7回」公式サイト

画像 大賞の「人間にとってスイカとは何か」。前書きと目次が気になる……

 「日本タイトルだけ大賞」は2009年度からスタートし、今回で7回目。内容の良し悪しは関係なく、タイトルのみのコピーや美しさ、おもしろさが際立つ書籍を表彰し、出版におけるタイトルの重要性を発信していく賞です。審査方法はTwitterで募集したノミネート作品の中から審査委員が選定するというもの。対象作品は、1年で発売されたものなら作家のキャリアやジャンルも問いません。

 今年の審査には、第1回から選考を務める山田真哉さん、ヨシナガさん、上田渉さんの3人に、ゲーム音楽家の佐野電磁さん、モデルの結さんも参加。選考会と発表は2月14日にCBCラジオ番組「電磁マシマシ」内で行いました。第7回の受賞作品は以下の通りです。

大賞

「人間にとってスイカとは何か」

著者:池谷和信/編集:印東 道子、関雄二、白川千尋/出版社:臨川書店

個人賞

  • 佐野電磁賞

「さわらせて」

著者:みやまつともみ/出版社:アリス館

  • 山田真哉賞

「俺流処方糖尿病・腎・内分泌疾患編」

著者:伊藤裕/出版社:南山堂

  • ヨシナガ賞

「怒りっぽい人は脚が太い」

著者:Hanae/出版社:宝島社

  • 上田渉賞

「星降る夜は社畜を殴れ」

著者:高橋祐一/イラスト:霜月えいと/出版社:KADOKAWA

  • 結賞

「忍者ダイエット」

著者:植田美津恵/編集:サイドランチ (編集), 小山喜崇 (イラスト)

出版社:サイドランチ

  • 電磁マシマシ ツイートディレクター賞

「精神世界ゼロからのすごい覚醒元メガバンク管理職が語るありがたき宇宙の10倍返し」

著者:畠山晃/出版社:ヒカルランド

残念賞

「永遠のエロ」

著者:睦月影郎/出版社:二見書房

 大賞には過去に「スラムダンク孫子」(著:遠越段)や「奥ノ細道・オブ・ザ・デッド」(著:森晶麿、イラスト:天辰公瞭)などが選ばれてきましたが、今回は「人間にとってスイカとは何か」が受賞。スイカを飲み物だけでなく鍋、石けんなどさまざまに利用する、南部アフリカ・カラハリ砂漠の狩猟民を切り口に、日本の栽培スイカまでの道のりをたどる内容になっています。

 過去には「もし、ドラッガーを読んでも勝てないと悟った女子マネージャーが肉体を駆使したら…」(著:千匹屋某、イラスト:ミヤスリサ、そらもとかん)などが選ばれた残念賞。2014年度は官能小説「永遠のエロ」でした。主人公は昭和初期の海軍飛行兵長と、やっぱりあの話題作と同じ匂いが。巧妙です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10