ニュース
» 2015年02月22日 11時00分 公開

「妻の声だ!」 亡くなった妻の留守電を再現して久しぶりに声を聞いたおじいちゃんが涙

失われたメッセージを聞いて涙があふれます。

[たろちん,ねとらぼ]

 2003年に最愛の妻を亡くしたおじいちゃんにとって、唯一の心の支えとなっているのが、生前妻が留守番電話に残したメッセージ。おじいちゃんはこのメッセージを10年以上大切に保管し、落ち込んだときには必ずこの声を聞いて元気を出していました。ところが、電話会社がサービスをアップグレードした際に、突然このメッセージが削除されてしまったのです。

 当然、ひどくショックを受けたおじいちゃん。BBCラジオのニュースによってこの事実を知った電話会社は、10人体制のチームを作り音声データの復旧に取り掛かりました。その後、無事復旧されたデータを持ってBBCラジオのレポーターがおじいちゃんの家を訪れた際の動画がYouTubeで公開されています。

画像 大切にしていたメッセージがなくなり落ち込むおじいちゃん

 最初は落ち込んだ様子のおじいちゃんでしたが、電話会社が復旧に動いたという話を聞くと「10人もの人が自分のために!?」と驚きの表情に。記者が再現された音声を流してみせると「妻の声だ!」と感嘆の声をあげます。もう2度と聞けないと思っていた大好きな声を聞いて笑顔を見せるおじいちゃん。メッセージを聞き終わるとこらえきれなくなったのか、「素晴らしい、素晴らしいよ……」とポロポロと涙を流し始めてしまいました。

画像 多くの人が復旧にあたったと聞いて驚くおじいちゃん

画像 「妻の声だ」と笑顔に

画像 感極まって涙があふれます

 どんなに時間が経っても変わらない愛情が感じられるこの動画に、世界中から「感動した」というコメントが多数寄せられました。おじいちゃんは復旧にあたってくれたエンジニアチームに深く感謝しており、ご馳走を用意してもてなすつもりだと語っています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声