ニュース
» 2015年02月24日 18時58分 公開

理研、クマ型介護用ロボット「ROBEAR(ロベア)」開発

人との柔らかな接触と力仕事を行うロボットです。

[太田智美,ねとらぼ]

 理化学研究所は、人との柔らかな接触と力仕事を行う介護用ロボット「ROBEAR(ロベア)」を開発した。「ロベア」というネームングだけあって、クマ型!!


画像 ROBEAR

 開発にあたったのは、理化学研究所住友理工人間共存ロボット連携センター(RSC)ロボット感覚情報研究チーム。「腕」を用いたクマ型の介助ロボットはこれまでにも開発しており、今回発表された「ロベア」は2009年8月に開発された「RIBA(リーバ)」、2011年8月に開発された「RIBA-II」に続く後継機となっている。「ロベア」では、従来できなかった態勢での補助(横抱きだけでなく、立っている人を両腕で支えたり抱きかかえたりすること)ができるようになった。


画像

画像 横抱き

画像 立った姿勢での抱きかかえ

 このロボットの一番の目的は、介護者(介護する側の人)の負担を軽くするということ。ベッドから車椅子への移動など、現状介護の現場では1人の介護士が40回もの移動の手助けを行っており、多くの介護士が腰痛に悩まされているという。



 ロベアには小型化と高精度・高出力を実現するアクチュエータユニット(モーターを動かすために必要なモータードライバーや制御・通信基板などを一体化したもの)、人との接触状態を検出するための3種類の力覚(触覚情報に関係する感覚)系センサー、高出力のインピーダンス制御を採用し、これにより大きな力を出すとともに接触状態に応じた微妙な動作調節、ロボットの腕で人を挟み込む柔らかな動作が可能となった。


画像 アクチュエータユニット

画像 1グラムから40キログラムまでの重りを前腕に乗せた時の力覚系センサの出力

画像 力覚系センサ3種類の特徴

 ロベアの重量は現在約140キロ、幅80センチ、奥行き80センチ、高さ150センチ。介護やリハビリへの応用を目指し、今後も引き続き研究開発が行われる。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン