ニュース
» 2015年02月25日 14時29分 公開

な、なにがあったんだよ…… 「お部屋探しはミニミニで♪」のミニミニマンがアメコミ風ヒーローに変身

劇的なビフォーアフター。

[高城歩,ねとらぼ]

 「お部屋探しはミニミニで♪」でおなじみのミニミニマンが、ロボット制作の+KIRIYA PICTURESの演出によってアメコミヒーロー風に生まれ変わってしまいました。CM「MINIMINI MAN」シリーズのフルバージョンがWEB限定で公開されたので、その激変ぶりが確認できます。

動画が取得できませんでした
miniminiman full ver.

画像画像 元のミニミニマンとMINIMINI MAN。どういうことなの。

 笑顔でピースしている牧歌的でかわいいマスコットキャラだったはずのミニミニマン。CMでは筋骨隆々としたボディで夜の都会を飛び回る、アメコミ風スタイリッシュヒーローへと劇的なビフォーアフターを遂げています。暴徒化したロボット「GENECIS(ジェネシス)」との戦闘シーンは、ハリウッド映画の予告編を見ているような迫力が。じぇ、じぇねしす……? 賃貸不動産仲介会社のCMだったはずでは。


画像 「NEED HELP?」がキャッチコピーのヒーロー

 特設ページでは「MINIMINI MAN」のストーリーが公開されています。舞台は「高層ビルが建ち並ぶ超人口過密都市」。GENECISは人間に従うよう開発された知的産業ロボットでしたが“怒り”や“恨み”などの感情が芽生えてしまい、人間に反旗をひるがえして破壊活動を行うようになります。そんな中、一人立ち上がった男があのMINIMINI MAN……! お部屋探し要素はもうなんだかよくわかりませんが、とにかくかっけー! 


画像 出たな、GENECIS……!

画像 すでに元のミニミニマンの面影はない

 実はMINIMINI MANにもすごくアメコミ風ヒーローらしい壮大なバックグラウンドがあったのですね。特設ページにはほかにもキャラクターの詳細などあらゆる情報が公開されているので、気になった方はぜひ読み込んで彼の境遇と戦う理由に震えてください。ミニミニ30周年の本気をとくと見よ! 

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する