ニュース
» 2015年02月25日 14時29分 公開

な、なにがあったんだよ…… 「お部屋探しはミニミニで♪」のミニミニマンがアメコミ風ヒーローに変身

劇的なビフォーアフター。

[高城歩,ねとらぼ]

 「お部屋探しはミニミニで♪」でおなじみのミニミニマンが、ロボット制作の+KIRIYA PICTURESの演出によってアメコミヒーロー風に生まれ変わってしまいました。CM「MINIMINI MAN」シリーズのフルバージョンがWEB限定で公開されたので、その激変ぶりが確認できます。

動画が取得できませんでした
miniminiman full ver.

画像画像 元のミニミニマンとMINIMINI MAN。どういうことなの。

 笑顔でピースしている牧歌的でかわいいマスコットキャラだったはずのミニミニマン。CMでは筋骨隆々としたボディで夜の都会を飛び回る、アメコミ風スタイリッシュヒーローへと劇的なビフォーアフターを遂げています。暴徒化したロボット「GENECIS(ジェネシス)」との戦闘シーンは、ハリウッド映画の予告編を見ているような迫力が。じぇ、じぇねしす……? 賃貸不動産仲介会社のCMだったはずでは。


画像 「NEED HELP?」がキャッチコピーのヒーロー

 特設ページでは「MINIMINI MAN」のストーリーが公開されています。舞台は「高層ビルが建ち並ぶ超人口過密都市」。GENECISは人間に従うよう開発された知的産業ロボットでしたが“怒り”や“恨み”などの感情が芽生えてしまい、人間に反旗をひるがえして破壊活動を行うようになります。そんな中、一人立ち上がった男があのMINIMINI MAN……! お部屋探し要素はもうなんだかよくわかりませんが、とにかくかっけー! 


画像 出たな、GENECIS……!

画像 すでに元のミニミニマンの面影はない

 実はMINIMINI MANにもすごくアメコミ風ヒーローらしい壮大なバックグラウンドがあったのですね。特設ページにはほかにもキャラクターの詳細などあらゆる情報が公開されているので、気になった方はぜひ読み込んで彼の境遇と戦う理由に震えてください。ミニミニ30周年の本気をとくと見よ! 

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン