ニュース
» 2015年02月26日 11時45分 公開

駄菓子屋の定番「さくらんぼ餅」 いつの間にかスマホ化しててすごいことに

つま楊枝で刺して食べる30円12個入りのあの“もちアメ”が、スマートフォンにみたいになってる……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 12個入ったもちアメをつま楊枝で刺して食べる、共親製菓の30円駄菓子「さくらんぼ餅」や「青りんご餅」。子どものころ駄菓子屋やコンビニで買ったことがある人も多いでしょうが、このもちアメが“スマホ化”しているという写真がTwitterの一部で話題になっていました。

画像 こちらがおなじみの駄菓子「さくらんぼ餅」ですが――

 写真に写っているのは、透明のパッケージにスマホのホーム画面らしきイラストが描かれたもちアメ。袋の形や薄さがもともと似ていたのもあって、あのおなじみの駄菓子がスマホのように見えてしまいます。

画像 あめモチの配列を、アプリのアイコンになぞらえているのが素敵

 特におもしろいのが、もちアメの形・配列をアプリのアイコンになぞらえているところ。共親製菓のもちアメは、正方形の粒が横3個×縦4個に並んでいるのが定番。この袋ではその一粒一粒に重なるよう、「カメラ」「電話」などアイコンっぽい絵が12個プリントされています。そういえばもちアメってスマホのホーム画面に似ていたと気付かされる、素敵なデザインです。

画像 アイコンの配列は商品によってバラバラ。「Together」とか「MeTube」とか「LONE」とか、いかにもそれっぽいアプリが

 スマホ化したあめモチは、同社が2013年秋に発売した「たべプリ餅」という商品。価格はほかのあめモチと同じく30円で、中にピーチ・マンゴー・青りんごの3種類が入ったミックス味となります。

 どうしてこのようなパッケージにしたのか担当者に話をうかがったところ、iPhone 5Sが出たころ社内で「あめモチの形ってiPhoneのアプリの形に似ている」という話になり、「スマートフォンに例えたデザインを作ってみたらいいんじゃないだろうか」ということで発売に至ったとのこと。スマホらしいデザインは問屋さんからも子どもたちからも「おもしろい」と好評なのだそうです。

画像 共親製菓はほかにも人気商品「こんにゃくゼリー」を旧デザイン(左)から新デザイン(右)に変更する予定

 共親製菓はほかにも人気の駄菓子「こんにゃくゼリー」を生産していますが、こちらも4月から新パッケージを発売する予定。パッケージは今の子どもたちが好むようにと、LINEやInstagramを活用する女子中学生と一緒にデザインしました。どの世代にもなじみ深い駄菓子があるのは喜ばしいこと。時代に合わせて外袋といったソフト面を工夫していくことで、もちアメもこんにゃくゼリーも長く愛され続けて欲しいです。

画像


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン