ニュース
» 2015年02月26日 15時25分 公開

“勝手にゲームが上手くなる人工知能”をグーグルが開発 どんどん賢くなってます

話題の深層学習(ディープラーニング)の成果だとか。

[ねとらぼ]

 Googleが、ゲームの攻略法を自ら見つけて人間以上の高得点をたたき出す人工知能を開発しました(natureに掲載された論文)。同社が2014年に買収した人工知能ベンチャー・DeepMindのメンバーが開発に関わっており、昨今注目度が高まっている深層学習(ディープラーニング)という技術が使われています。

photo natureに論文が掲載されています

 今回の実験では「ブロック崩し」といったAtari 2600の古典的ゲーム49種類を、人工知能にプレイさせました。人工知能は、ゲームに関する知識はまったく持っていません。しかし、高得点を目指すようにデザインされており、ゲームを繰り返しプレイすることで、徐々に得点を伸ばす方法を学習し、ゲームによっては人間並みの高得点をたたき出すようになったとのこと。49種類中29種類のゲームスコアで人間を上回り、43種類のゲームで既存の人工知能のスコアを上回ったとしています。

 DeepMindは買収前の2013年に「Playing Atari with Deep Reinforcement Learning」という論文で、同じようにAtari 2600のいくつかのゲームを人工知能にプレイさせた結果を発表しています。例えば当時のブロック崩しの平均得点はすでに人間(上級者)のスコアを上回っていました。


 そして今回の発表では人工知能のさらなる改良により、ブロック崩しで人間の13倍の得点をたたき出しています。100回程度プレーした段階ではボールを打ち返せないケースも多かったのが、600回を超えるとボールをブロックの奥側に回り込ませて大量にブロックを崩す攻略法なども身につけたというから驚きです。

 とはいえ、全てのゲームで人間並みの高得点を出せたわけではなく、例えばパックマンのようなゲーム「Alien」では人間の半分以下のスコアとなっています。画面を縦横無尽に動きまわってプレイする、複雑な操作性を備えたシューティング「Asteroids」では、人間の10分の1以下のスコアしか出せませんでした。さらに、「鍵」をゲットしてゲームを進行させるといった複雑な文脈を持つゲーム「Montezuma's Revenge」では、0点という結果に。得意・不得意があるみたいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」