ニュース
» 2015年03月03日 09時00分 公開

ハリポタファンイベントから発展 ポーランドのお城で「リアル魔法学校」を開催するプロジェクト始動

目標5万ドル、100万ドル集まったら城購入。

[ねとらぼ]

 ポーランドのチョハ城を舞台に、現実世界での「魔法学校」の開催を目指すプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資を募っています

画像 photo by John-Paul Bichard

 海外ではライブアクションロールプレイングゲーム(LRPG)」と呼ばれる体感型イベントが近年人気を集めており、魔法学校もその1つ。これは、日本の「リアル脱出ゲーム」にコスプレや戦闘要素を組み合わせたもので、規模が大きかったり、あるいは物語性を重視するなどの特徴があります。


画像 photo by John-Paul Bichard

 魔法学校は元々、「ハリー・ポッター」の熱心なファンたちが同作の世界をリアルに体験しようと企画。昨年11月にチョハ城で初開催され、世界各国から190人が参加しました。YouTubeに当日の模様が公開されていますが、参加者は闇払い・魔法生物学など5つのコースから1つを選択。それから城を探検したり、魔術について議論を交わしたりして、ハリポタ世界を堪能したそうです。

The College of Wizardry - Documentary Promo

画像 前回の様子

画像 完全にファンタジー世界

画像 宿泊ありの大人向けイベント

 同イベントをワーナー・ブラザーズも“非商業”ならと許可しており、今年4月に第2弾を予定。3泊4日の宿泊イベントですが、チケットは既に完売しています。一方で、今後については、「ハリー・ポッター」とは“別の魔法学校”を目指すといい、自立に向けた支援を求めています。

 目標金額は5万ドル(約600万円)。達成した場合は、11月にチョハ城で独自イベントを開催し、7万5000ドル(約900万円)でドキュメンタリー映像の制作、100万ドル(約1億2000万円)で「城の購入」を行うとしています。

 支援は5ドル(約600円)から受け付けており、374ドル(約4万5000円)で11月の宿泊イベントへの参加券が付いてきます。主催者は「ポーランドの城で3日間を過ごす、一生に一度の冒険」になるとしています。

(画像出典:College of Wizardry

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン