ニュース
» 2015年03月03日 08時36分 公開

お風呂に入ってハンモックでダラダラ。リラックス施設「おふろcafe utatane」がすごかった

女性向けかと思いきや、男性の利用客もたくさん。

[青山ゆずこ,ねとらぼ]

 なんだかんだと仕事に追われる日々、ふと「すべてを忘れてリラックスしたいな〜」と思ってもゆっくりできるほど時間もない。家に帰っても寝るだけだし、すぐに朝はやってくる……。そんな忙し過ぎる現代人におススメしたいのが、埼玉県さいたま市にある「おふろcafe utatane」です。


画像 おふろcafe utatane

 おかわり自由の挽きたてのコーヒーの香りに包まれながら、暖炉の前で本を読んだり音楽を聴いたり……。時間もそこだけゆっくり流れているかのように、心身ともにリラックスできる超穴場スポット。「おふろカフェ」というだけあって、本を読みながら入浴だってできちゃいます。


画像 自分の本なら持ち込みもOK

画像 暖炉の前で優雅に読書

画像 館内の至るところにごろ寝&フリースペースがある

画像 ハンモックにゆらゆら揺られて読書なんてここでしかできない……?

 大宮駅や鉄道博物館駅(ニューシャトル)からは毎日午後5時〜午前0時半まで無料のシャトルバスも出ているので、仕事帰りに気軽に寄れるのも高ポイント(大宮駅からはおよそ20分、鉄道博物館駅からは5分程度)。着替え(館内着)やタオルセットはすべて入館料に含まれているので、本当に手ぶらでリラックスできちゃいます。入館料は午前10時から深夜2時までのフリータイムで1260円(会員は1080円)、午前9時までの深夜滞在で総額2100円です。宿泊用にはダブルルーム(6000円〜)とツイン(9500円〜)もあり、施設の利用料金も含まれているので使い放題。

 一見「女性向けの施設」と思われがちですが、そんなことはありません。館内のあちこちらに「自分時間」を満喫する仕事帰りらしきサラリーマンの姿もちらほら。仕事帰りだという推定40代男性は、コーヒーを飲んでホッと一息ついたあと、ミステリー小説を抱えて入浴。夢中になり過ぎてちょっとほてった体をビールでキリッとさせつつ、あぐらをかいてソファでうたたねしているもよう……すごい、見事に満喫しています。入浴時間が女性よりも比較的短い男性客は90分680円のコース利用も多いとのこと。


画像 自由に使えるカフェスペース。フレッシュジュースもかなり美味

画像 野菜や自家製とうふなどのヘルシーメニューのほか、ハンバーグや海鮮丼なども充実

 「家に帰る暇がないときや、ビジネスホテル代わりにも使っている。広い湯船で好きな本を読めるこの解放感は家では味わえません」(40代・男性会社員)と、通常のビジネスホテルよりもリラックスできると、今埼玉のサラリーマンの間ではかなり話題みたいです。みな自分の思い思いの時間を過ごすのに夢中なので、女性客を気にしたり、施設のおしゃれに気後れせずに済むのもうれしいのだとか。


画像 漫画や雑誌の充実っぷりはもはやネットカフェと同クオリティ

画像 男性も利用可で、こんなお洒落でアットホームな施設ってありそうでなかったかも……

 ビジネスホテルより断然良いかも……。なんだか埼玉県民が心底うらやましくなりました。

青山ゆずこ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声